2019年 8月 23日 (金)

「金融動乱」の時代、平成 歴史的検証これからも

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

政策決定当事者にとっては「実験」ではない

   さらに、政策について「実験」という表現は政策現場に関わる人間には使えない。これからの令和の時代、大規模緩和からの出口戦略、地方の衰退や超高齢社会への対応、財政再建、エネルギー問題、米中対立等、解決困難な課題に、世界各国に先駆けてソルーションを見出していかなければならない。これは政策決定当事者にとっては「実験」ではなく、結果責任も問われる政策選択そのものである。

   また、混迷の背景として、当事者の「『認識の難しさ』が共通のキーワードとして浮かび上がってくる」としている。これは平成に限ってのことではなく、令和の時代の政策の一端を担う者も、先人の教訓として、心しなければならない。

   元号はいいものだ。元号があるのは世界で日本だけらしいが、せっかくの機会、一区切りついた平成という時代を、書を通じて、自分の歩みの中で総括することをお勧めしたい。

経済官庁 吉右衛門

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中