2019年 8月 20日 (火)

BEGIN、「うたの日コンサート」
三世代8000人のマルシャショーラ

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

100人超のウクレレ、圧迫骨折の加山雄三が

   個人フェスと一般的なフェスの最大の違いは、ホストとなっているバンドやアーティストのホスピタリティだろう。出演者の紹介や進行。司会の女性DJ、きゃんひとみと与座よしあきにBEGINも加わって会場を盛り上げてゆく。

   メンバー4人が全員歌うという沖縄出身の若手バンド、HoRookies(ホルキーズ)や伊江島出身、21歳のシンガーソングライター、Anly(アンリィ)、ハワイのウクレレ名人、ハーブ・オオタ・ジュニアと110人のウクレレ奏者、BEGINの比嘉栄昇が開発した三線とギターを合わせた楽器、一五一会(いちごいちえ)を取り入れたインスツルメンタル&コーラスバンド、The Breeze&Iは東京で行われる「うたの日」の常連、南国感溢れる演奏が続く中で登場したのがメインゲスト、加山雄三。ウクレレを使った彼の代表曲「お嫁においで」にハーブ・オオタ・ジュニアが加わり100人を超える沖縄のフラダンスサークルのメンバーが色を添える。移民数の多いことで知られるハワイと沖縄。戦後、焦土と化し食料不足に苦しむ沖縄がハワイから贈られた550頭の豚で救われたという縁もある沖縄とハワイが音楽を通じて重なり合う。「うたの日」に行われている「豚の恩返し募金」は、お返しにハワイに550本の楽器を贈ろうと始まったものだ。

   ゲストの加山雄三は、いつものギターを持っていなかった。彼は「背骨を圧迫骨折していて深くお辞儀が出来ずギターが持てない」と明かして、それでも堂々たる熱唱を聞かせてくれた。

   そんな彼を笑顔の合唱と手拍子で迎えた客席を見ていて気付いたことがあった。

   スマホをかざして写真を撮っている人がいない。いてもちらほらという程度でほぼ全員が立ち上がって思い思いにステージに視線を向けている。

   加山雄三は82歳。今後、沖縄の野外で見ることはもうないかもしれない。しかも、骨折をおしてステージに立っている。

   そんな姿をスマホに収めようとするのではなく一緒に歌い身体を動かすことで噛みしめている。それが「うたの日」ならではに思えた。加山雄三は終演後、BEGINに対して「お客さんが温かかった」と感想を伝えたのだそうだ。ステージで歌う人間にとって、スマホのカメラの放列で迎えられるより笑顔の合唱で迎えられる方が嬉しいというのは容易に想像できる。

   まさに「うたの日」だと思った。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中