2019年 11月 14日 (木)

障害や言語の壁を乗り越えて 「誰もが楽しめるゲーム」を芸人がお手伝い

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   障害を持つ人や、日本語の語学力が不十分な外国人と、吉本興業のお笑い芸人が集まるイベント「よしもと芸人とアソブ 未来言語で new GAME in 100BANCH ナナナナ祭」が2019年7月9日、東京・渋谷の100BANCH(ヒャクバンチ)で行われた。

  • 自己紹介は、自分の障害をチームで共有するきっかけとなる
    自己紹介は、自分の障害をチームで共有するきっかけとなる
  • イベントに参加した障害を持つアーティストと、よしもと芸人
    イベントに参加した障害を持つアーティストと、よしもと芸人
  • 約100名が集まった「よしもと芸人とアソブ 未来言語で new GAME in 100BANCH ナナナナ祭」
    約100名が集まった「よしもと芸人とアソブ 未来言語で new GAME in 100BANCH ナナナナ祭」
  • 第三部「未来言語アソビアイデアソン」のテーマ
    第三部「未来言語アソビアイデアソン」のテーマ
  • ゲームを考える参加者と芸人のキャプテン★ザコさん
    ゲームを考える参加者と芸人のキャプテン★ザコさん
  • 会場内を回って、進行を盛り上げる河本準一さん
    会場内を回って、進行を盛り上げる河本準一さん

視覚障害者、ろう者・難聴者、在日外国人ら約100人参加

   このイベントは、障害や言語の壁を乗り越えて、すべての人が楽しめるゲームを作るもの。会場となった100BANCHは、パナソニックの創業100年をきっかけに計画・建設され、「障害」をテーマにした複数のプロジェクト組織の活動拠点にもなっている。

   まず視覚障害者、ろう者・難聴者、在日外国人などを含む約100人の参加者が、くじで各テーブルに分かれて座り、テーブルごとにコミュニケーションのファシリテーターと、お笑いコンビ「しずる」の池田一真さんや村上純さんらのよしもと芸人が一人ずつ入り進行した。ファシリテーターは、障害に応じた最低限のコミュニケーションをサポートし、芸人はテーブルを盛り上げ、雰囲気づくりを行った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!