2019年 10月 16日 (水)

漫画で知る五輪スポーツの魅力 パナソニックセンター特別展「SPORTS×MANGA」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   パナソニック(本社:大阪府門真市)は、同社製の映像機器を用いて日本のスポーツ漫画を紹介する特別企画展「SPORTS×MANGA」を2019年7月13日から東京・有明のパナソニックセンター東京で開催する。

   2020年東京オリンピック・パラリンピックの機運醸成を目的としたイベントで、J-CASTトレンドは7月12日の記者向け内覧会を取材した。

  • スポーツマンガと日本社会の歴史を振り返る展示
    スポーツマンガと日本社会の歴史を振り返る展示
  • 「キャプテン翼」高橋陽一さん描きおろしのチョークアート
    「キャプテン翼」高橋陽一さん描きおろしのチョークアート
  • テニスの王子様「無我の境地」の体験コーナー
    テニスの王子様「無我の境地」の体験コーナー
  • マンガの名ゼリフとオリンピックの名言がリンクして表示されるコーナー
    マンガの名ゼリフとオリンピックの名言がリンクして表示されるコーナー
  • オープニングセレモニーでスピーチをする小池東京都知事
    オープニングセレモニーでスピーチをする小池東京都知事

テニスの王子様「無我の境地」のAR体験も

   企画展では「漫画が教えてくれるスポーツの魅力」をキャッチコピーに、100タイトル以上のスポーツ漫画を7つのブースに分けて展示する。

   「必殺技」ブースでは、サッカー漫画「キャプテン翼」に登場する立花兄弟の必殺技「スカイラブハリケーン」を、作者の高橋陽一さんがチョークアートで描き、スクリーンに映したものを展示。また、テニス漫画「テニスの王子様」で主人公の越前リョーマが超人的なパフォーマンスを発揮するシーン「無我の境地」をAR(拡張現実)で体験できるコーナーも設けられている。

   「マンガとスポーツの精神的価値」のブースでは、タッチパネルに表示された漫画やアニメの名ゼリフを押すと、過去の五輪から生まれた関連性の高い名言が表示される。

   例えば、バスケットボールアニメ「黒子のバスケ」で、高校バスケに打ち込む主人公が「みんなと一緒に日本一になりたい」と言った際、仲間が返した「なりたいじゃねーよ。なるぞ!」というセリフがタッチパネルにある。選ぶと、仲間との団結を意味する名言として、2012年のロンドン五輪で銀メダルを獲得した競泳男子リレー日本代表の松田丈志さんが残した、「康介さんを手ぶらで帰らすわけにはいかない」が映されるというものだ。

   内覧会後には企画展のオープニングセレモニーが開かれ、小池百合子東京都知事が出席。パラリンピックにちなんだ漫画・アニメ作品が近年増えていることに触れ、

「親しみやすい漫画を通じて、パラリンピックへの注目が高まることを期待したい」

と語った。

   入場は無料。

   開催は9月29日まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!