2019年 8月 18日 (日)

「グーグルアシスタント」対応 スマートディスプレー2モデル

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   パソコンおよびタブレットなどを手がけるレノボ・ジャパン(東京都千代田区)は、スマートディスプレー「Lenovo Smart Display M10」「Lenovo Smart Clock」2モデルを2019年7月19日に発売。

  • 利用シーンに合わせて選べる2モデル
    利用シーンに合わせて選べる2モデル

キッチン&リビング向けと寝室&プライベートルーム向け

   いずれも音声操作でインターネットの検索や天気・気温の確認、音楽の再生、「グーグルアシスタント」に対応するスマート家電の操作などが行えるほか、ディスプレーを生かした視覚的な情報の取得やタッチ操作にも対応する。

   10.1型IPSディスプレーを搭載した「Lenovo Smart Display M10」は、キッチンやリビングでの利用に適するというモデル。アプリはGoogle(グーグル)のスマートディスプレー「Google Nest Hub」と互換性がある。

   ホワイトとバンブー調のナチュラルデザインを採用。10ワットのフルレンジスピーカー、低音を強調するデュアルパッシブラジエーター(電磁気回路のないスピーカー)を搭載。

   2つのマイクを装備し、最大約8メートルという遠距離からの音声も認識できる。ビデオ通話が可能な500万画素カメラを備える。

   価格は2万2800円(税別)。

   4.0型IPSディスプレーを搭載した「Lenovo Smart Clock」は、寝室やプライベートルームなどでの利用を想定。ファブリック素材を使用したボディーに3ワットのフルレンジスピーカー、デュアルパッシブラジエーターを装備する。

   「グーグルアシスタント」のルーティン機能により、「おはよう」のひと言で、その日の天気やスケジュール、ニュースを通知するほか、「おやすみ」で照明のオフとスマートフォンのマナーモードへの切り替え、リラクゼーションサウンド(ホワイトノイズ)の再生など、1つのコマンドで複数の操作が可能だ。アラーム音と時計の表示デザインは複数から選択できる。

   価格は9100円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中