2019年 8月 17日 (土)

博報堂「1円ショップ」衝撃の品々 全680ページの雑誌から「お米ひと口」まで

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   何でも1円、あなたは何を購入しますか――博報堂は2019年7月24日に雑誌『広告』をリニューアル創刊したことを記念して、同誌ウェブサイト上に「1円ショップ」をオープンした。目玉商品は、雑誌『広告』のリニューアル創刊号。全680ページもある分厚いものだが、これがたったの1円。

  • 国語辞典 全24語
    国語辞典 全24語

24語をピックアップした国語辞典も販売

   全部で11商品が販売されている。主なものは以下の通り。

・「あきたこまち ひと口分」(内容量2グラム)
・「わりばし 1食分」(材質アスペン)
・「つまようじ 1日分」(天然木、3本セット)
・「トイレットペーパー ひと拭き分」(長さ75センチ、2枚重ね)
・「たいへんよくできました」(紙製のシール、1回分)

   中でも風変わりな特注品は「国語辞典 全24語」。学研の『現代新国語辞典 改訂第六版』から24語をピックアップした。この辞書には約7万7000語が収録されており、価格が3240円。したがって、1円あたり約24語というわけで、学研プラスと凸版印刷の協力を得て制作した。

   『広告』リニューアル創刊号の特集は「価値」。「日本の最小通貨である1円を通して、身の回りにあるものの価値について思いを巡らせていただければ」、というのが「1円ショップ」の狙いだ。「国語辞典 全24語」でも「価値」に関連した24語を抜粋したという。「1円ショップ」は商品が売り切れ次第終了の予定。

   『広告』は1948年に広告文化の創造と発展を目的に創刊された雑誌。数年に一度、編集長の交代とともに全体テーマや装丁、編集体制の一新をしており、今回は博報堂のクリエイティブチーム「monom(モノム)」を率いるクリエイティブディレクター/プロダクトデザイナーの小野直紀さんが新しく編集長になったことによる。創刊記念のトークイベントなども予定している。『広告』は全国の書店でも発売している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中