2020年 8月 12日 (水)

71歳・泉谷しげる、全身創痍の 「全力6時間ライブ」語る

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

知られていないチャリティー活動の広さ

   泉谷しげるにはいくつかの顔がある。

   70年代には「春夏秋冬」や「春のからっ風」などの代表曲で知られるフォークシンガーの草分けであり、小室等・吉田拓郎・井上陽水とレコード会社を設立した頃は新しい時代の到来を告げる立役者の一人だった。

   80年代はバンドを従えて過激なライブを展開するロッカーであり、90年代以降は、個性的な俳優としての分野も広がってきた。その一方で鮮烈な色彩感のSF絵画やイラストを40年間描き続けている。映画美術で受賞したこともある。アート展はすでに定着している。

   そうした中で意外と知られてないのが「チャリティー活動」だろう。

   93年の「奥尻島地震(北海道南西沖地震)」や94年の「長崎・普賢岳噴火」(噴火自体は91年)、95年の「阪神・淡路大震災」などに際し、吉田拓郎・小田和正らに呼び掛けて「スーパーバンド」を結成するなど積極的に行動してきた。「街おこし」というのも彼が行っている活動の一つだ。

   9月29日、ミクニワールドスタジアム北九州で「阿蘇ロックフェスティバル2019」が行われる。

   「大事なことは風評被害との戦いですから。マスコミはシャッター通りとそこばかり取り上げるけど、住んでいる人は元気ですよ。そういう人たちのためのイベントですね。この間、天草でやった時もシャッター通りが人で埋まってましたよ。マスコミもエンターテインメントに関心があるなら、人を叩くばっかりじゃなくて、そういうことをすべきじゃないの」

   「阿蘇ロックフェスティバル」は、2015年に始まり、去年は一万人を集めている。ただ、今年は大雨で会場周辺の整備が整わず県外開催となった。

   被災した現地だけではなく他の地域を巻き込んでゆく。95年の阪神・淡路大震災の時は全国でフリーライブ「お前ら、募金しろ」を行い、締めくくりの会場は東京の日本武道館だった。

   北九州市での開催も地元やスポンサーとの交渉に自分で出向いて行った結果だ。

   「こういう交渉は若い奴には無理です。みなさん自分のファンなわけですよ。行くと若い時、見てましたという、同じ時代に生きてるやつらが役職についている。お前ら、偉くなりやがって、予算付けろって(笑)。みんな目をキラキラさせてる。こんな上司初めて見ましたって部下の女の子が笑ってますよ。ファンに会いに行くようなもんです(笑)」

   今年の「阿蘇ロックフェスティバル」には、ももいろクローバーZ、竹原ピストル、AK-69、KEYTALK、シシド・カフカらが決まっている。

   8月はそこに向けて全国のライブハウスで「泉谷しげる全力ソロライブ」が組まれているという「ライブの夏」だ。

   「お調子者かもしれないけど、もし、時代を作った側の人間と世間に思われているとしたら、やっぱり動かす側にいないといけないと思うわけです。そういう気持ちはずっと持っていたい。ライブはもっと回りたいんだけど、スケジュールが取れない。テレビの闇営業とかあるからね(笑)」

    若者文化の立役者たちが、どんな年の重ね方をしていくのか。「エンターテインメントは自由でなければいけない」という彼の存在感は若い頃の比ではない。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!