2019年 8月 17日 (土)

ハラペーニョの300倍辛い唐辛子 その名も「デス辛ソース」モスバーガーから

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ハンバーガーチェーンのモスバーガーは、2019年8月8日から「モスバーガー史上最強の辛さ」を誇るトッピングソース「黒いデス辛ソース」を全国の店舗で販売する。

  • モスバーガー史上最強の辛さのソースが登場
    モスバーガー史上最強の辛さのソースが登場

「辛いものが苦手な方はお控えください」

   ソースにはハラペーニョ(青唐辛子)の約 300 倍となる、世界最強クラスの辛さを持つ唐辛子「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」を使用。刺激的な辛さと豊かな香りが特徴で、ブラックペッパーのキレが「クセになる味わい」を生み出す。

   ソースは定番のハンバーガーをはじめ、夏季限定の「カレーモスバーガー」、サイドメニューに「ちょい足し」することで、「デス辛うまい」味への変化を楽しめるという。

   運営会社のモスフードサービスはニュースリリースの中で、「お子さまや辛いものが苦手な方はお控えください」「目や傷口に触れないようご注意ください」と注意を呼びかけている。

   価格は1袋70円(税込)。

   販売は9月中旬まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中