2020年 8月 10日 (月)

ガンバの麗央から「世界のレオ」へ 高江麗央が狙うは金メダルのみ【特集・目指せ!東京2020】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「特集・目指せ!東京2020」の第2回は、サッカーJ1・ガンバ大阪の高江麗央選手だ。2019年5月に行われたセレッソ大阪との「大阪ダービー」では、豊富な運動量と攻守の切り替えの早さを生かし、ボランチのポジションからチームを8試合ぶりの勝利に導いた。

   日本代表のボランチは昨年、代表引退を発表した長谷部誠選手が8年に渡り君臨してきたが、その後継者として注目されている。(インタビュアー:石井紘人)

  • ガンバ大阪でプレーする高江選手 (c) GAMBA OSAKA
    ガンバ大阪でプレーする高江選手 (c) GAMBA OSAKA
  • インタビュー中は笑顔も
    インタビュー中は笑顔も
  • ピッチを駆け回る (c) GAMBA OSAKA
    ピッチを駆け回る (c) GAMBA OSAKA
  • 取材後の撮影時に引き締まった表情で
    取材後の撮影時に引き締まった表情で
  • ボールを追う高江選手 (c) GAMBA OSAKA
    ボールを追う高江選手 (c) GAMBA OSAKA
  • ガンバ大阪でプレーする高江選手 (c) GAMBA OSAKA
  • インタビュー中は笑顔も
  • ピッチを駆け回る (c) GAMBA OSAKA
  • 取材後の撮影時に引き締まった表情で
  • ボールを追う高江選手 (c) GAMBA OSAKA

和製モドリッチより遠藤保仁と今野泰幸のハイブリッド

   ――高江麗央選手の五輪に対する印象を教えてください。

高江 サッカー始めた時からずっと、五輪やワールドカップ(W杯)を目指していたので、凄く憧れている舞台です。

   ――高江選手は、アンダー世代の(ユース)日本代表に選出されたことがありませんが、ユース代表への憧れはありましたか。

高江 憧れはなかったです。僕はプロになることしか考えていなかった。それこそ、大学に入ってからとかではなく、(東福岡)高校卒業と同時にプロになるという強い気持ちでいました。もちろん、五輪代表や日本代表は目指していますが、ユース代表は目標としていませんでした。ユース代表に選出されても、プロになれない選手はいっぱいいますし。

   ――そして、実際に高校卒業と同時にプロになりました。メディアからは、レアルマドリードの10番でW杯2018ロシア大会のMVPであるモドリッチの和製版とも評されていますが、御自身のイメージしているプレーはありますか。

高江 やっぱりヤット(遠藤保仁)さんと今野(泰幸)さんのハイブリットですね。僕のポジションでは、ヤットさんの攻撃の部分の何手先も読んだパスやゲームメイク、今野さんの守備のインターセプトや相手を潰すことが必要になります。それでいて、二人とも得点に絡むじゃないですか。
二人と一緒に練習していましたけど、日本に二人以上の選手はいないと思います。二人を追い越せれば、自然と日本代表に定着できるはずです。僕は運動量が豊富なので、一般のファンには、攻守に渡るダイナミックな動き、ゴールやボールを奪うための攻守の切り替えを見て欲しいです。

文:石井紘人(いしい・はやと)
ラジオやテレビでスポーツ解説を行う。主に運動生理学の批評を専門とする。
著作に『足指をまげるだけで腰痛は治る』(ぴあ)『足ゆび力』(ガイドワークス)、プロデュース作品に久保竜彦が出演した『弾丸シュートを蹴る方法』(JVD)がある。
『TokyoNHK2020』サイトでも一年間に渡り、パラリンピックスポーツの取材を行い、「静寂から熱狂そしてリスペクト」などを寄稿。
株式会社ダブルインフィニティ代表取締役でもあり、JFA協力、Jリーグと制作した『審判』の版元でもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!