2020年 8月 9日 (日)

【激アツ!Tリーグ観戦記】吉村真晴「琉球アスティーダ」移籍 東京五輪は「最大の目標」

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   リオ五輪卓球男子団体銀メダリストの吉村真晴選手。卓球のプロリーグ「Tリーグ」の2019-2020年シーズンは、沖縄を本拠地とするチーム「琉球アスティーダ」の一員として戦う。

   19年8月7日、東京都内で入団記者会見を行い、ユニフォーム姿を初披露した。

  • 吉村真晴選手の琉球アスティーダ入団会見
    吉村真晴選手の琉球アスティーダ入団会見
  • 琉球アスティーダの早川周作球団社長
    琉球アスティーダの早川周作球団社長
  • 「エンポリオ アルマーニ」の黒スーツで登場
    「エンポリオ アルマーニ」の黒スーツで登場
  • ユニフォーム贈呈
    ユニフォーム贈呈
  • ユニフォーム姿を初披露
    ユニフォーム姿を初披露
  • この日はまだ背番号と名前の印字はなかった
    この日はまだ背番号と名前の印字はなかった
  • 高い身長でスタイルも抜群の吉村選手
    高い身長でスタイルも抜群の吉村選手
  • フォトセッション(左からマネジメントを務めるオールインクルーディングジャパン合同会社CEO・戸井崇人氏、吉村選手、早川球団社長)
    フォトセッション(左からマネジメントを務めるオールインクルーディングジャパン合同会社CEO・戸井崇人氏、吉村選手、早川球団社長)
  • 吉村真晴選手の琉球アスティーダ入団会見
  • 琉球アスティーダの早川周作球団社長
  • 「エンポリオ アルマーニ」の黒スーツで登場
  • ユニフォーム贈呈
  • ユニフォーム姿を初披露
  • この日はまだ背番号と名前の印字はなかった
  • 高い身長でスタイルも抜群の吉村選手
  • フォトセッション(左からマネジメントを務めるオールインクルーディングジャパン合同会社CEO・戸井崇人氏、吉村選手、早川球団社長)

「12月までの五輪選考レースが勝負の時」

   「エンポリオ アルマーニ」の黒スーツを身にまとい、会見場に登場した吉村選手。「セカンドシーズンから琉球アスティーダでプレーさせていただくことになりました、吉村真晴です」と自己紹介し、落ち着いた様子で、はきはきと挨拶をした。

「今回はアスティーダということで、明日、未来、そしてティーダ=太陽ということで、まさにオーナーの早川(周作)さんが太陽みたいな人で、みんなまぶしすぎてチカチカしないか若干不安ではありますが、全力でチームの勝利に貢献できるように頑張っていきたいですし、沖縄も盛り上げていきたいと思っています」

   吉村選手は、2018-2019年のTリーグファーストシーズンは埼玉に本拠地を置く「T.T.彩たま」でプレー。今回の移籍は、来年の東京五輪も見据えてのことだと語った。

「Tリーグ開幕から12月までの五輪選考レースが勝負の時になってきます。自分にとっても最大の目標、夢である東京五輪の代表を掴むために非常に大切な期間であって、その期間を琉球アスティーダさんがサポートしてくれるということで、本当に心強く感じ、一緒に戦わせていただくことを決めました」

   東京五輪の卓球日本代表は、2020年1月発表の世界ランキング、2019年のワールドツアーの優勝回数等が選考基準となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!