2019年 11月 20日 (水)

Bリーグ、W杯、そして東京五輪へ 「クレバーな司令塔」田中大貴【特集・目指せ!東京2020】

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   10月に開幕するプロバスケットボール・Bリーグ1部(B1)。3連覇を目指すアルバルク東京を引っ張るのが、シューティングガードの田中大貴選手だ。

   日本代表でも主力としての活躍が期待されるクレバーな男。その目はワールドカップ、そして東京五輪を見つめているようだ。

  • アルバルク東京の田中大貴選手
    アルバルク東京の田中大貴選手

B1は「どうやって2連覇したかを思い出したい」

   B1の2018-19シーズンは千葉ジェッツとの決勝でチーム最多得点を記録し、屋台骨を支えた田中選手。新シーズンで目指したいプレーについて、

「今までのシーズンと同様に、オフェンスで起点にならないといけないし、より確実にシュートを決め、正確なパスを出したい。シーズンを通してあまり波が無く、常に高いパフォーマンスを発揮できるようにチャレンジしていきたいです」

と抱負を語った。

   アルバルクは3連覇を目指すシーズンとなるが、連覇へのプレッシャーは「あまりない」。チームの目標は、次のように語った。

「形としては『3連覇』という言葉が出てくるが、まずは、昨季の自分たちがどうやって2連覇したかを思い出したい。シーズン中は、チームスタイルの『全員のハードワーク』と『日頃からの準備』を徹底することでチームが成長していくと思うので、その2つをより高いレベルで出来るようになりたいです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!