2019年 9月 20日 (金)

「平和な先進国」日本の不動産は魅力 「純粋な投資熱」高い中国人に良質な情報を

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   何書勉さん(41)は、東京と上海のオフィスを頻繁に行き来する多忙なビジネスライフを送る。不動産情報解析を手掛ける「NeoX」社のCEO(最高経営責任者)として、両都市で指揮を執る。

   中国では、利回りの良い日本の不動産への投資が盛んだ。日本語が分からない、こうした中国人投資家向けに、良質な情報を提供するのが何さんのビジネスだ。

  • 京大大学院で情報学博士号を取得した何書勉さん
    京大大学院で情報学博士号を取得した何書勉さん
  • 「神居秒算」アプリの画面ショット
    「神居秒算」アプリの画面ショット

中国語で日本の不動産情報が得られる

「中国人はギャンブルが好きなんですよ」

   こう言って、何さんは笑った。「日本の土地を買い占める中国人」の話題がしばしば、インターネット上を賑わせるが、投資家の目的は純粋に「もうけ」にある。情報学の博士号を持つ何さんは前職で、日本全国のマンションおよそ11万棟のデータベース構築を手がけた。2017年に独立してNeoXを興すと、中国語で日本の不動産情報が得られるプラットフォーム「神居秒算」を公開、中国人投資家と日本の不動産会社との橋渡しの役割を担う。

   サイトは東京を中心とした首都圏、大阪、名古屋、福岡といった大都市の物件を中国語で紹介しており、それぞれ地域、金額、戸建てやマンション、土地といった不動産の種類で絞り込める。物件ごとに住所、写真、部屋の面積や築年数といった基礎情報、不動産価格、そして利回りが掲載されており、問い合わせ先の電話番号もある。言語が中国語である以外、日本の不動産紹介サイトを閲覧しているのと変わりない印象だ。ターゲットは主に「日本に住んでいない中華圏在住の人」だと何さんは説明する。

   中国人にとっては、不動産を購入しても日本の長期滞在が許可されない限りは実際に住み続けられない。一方で何さんによると、不動産の利回りは東京都心では新築、中古マンションともに上海よりも高い。日本に観光に訪れた中国人が好印象を持ち、投資をしてみようと考えるケースが少なくないそうだ。

   NeoX社の顧客は、95%が個人だと何さん。サイトの閲覧は無料で、会員登録は必要ない。良質で詳細な物件情報と写真を掲載することで個人客を集め、不動産会社に仲介することでコンサルタントフィーを得る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中