2019年 9月 18日 (水)

「びっくりスライム」があらわれた!【覚えていますか?このおもちゃ(12)】

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
不思議な触り心地の「びっくりスライム」
不思議な触り心地の「びっくりスライム」

   ひんやりとしていて、ベタベタ、ドロドロ...。ゼリーのような液体のような、何とも表現し難い触り心地のおもちゃ「びっくりスライム」。ただ触って遊ぶだけだが、その不思議な感触で小学生たちの心をつかんだ。玩具問屋の堀商店(愛知県名古屋市)担当者は「いつの日かバスタブにスライムをいっぱい溜めてスライム風呂に入るのが私の夢です!!」だとか。

   時代の変化とともにスライムも進化しており、発売から40年経った今なお、子どもたちを楽しませ続けている。例えば、ドーナツ型やマカロン型などのかわいいケースに入ったものや3メートル以上も伸ばせる「高性能スライム」など、さまざまな種類の商品があるそうだ。

  • 発売から40年経った今でも子どもたちを楽しませているという
    発売から40年経った今でも子どもたちを楽しませているという
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中