2020年 8月 10日 (月)

「車の免許返納」高齢の親が嫌がる 人身事故起こしたら...説得の切り札は

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

話し合いで解決できない場合は専門機関へ

   高齢の家族が運転をやめてくれず、困っているときの対応について、国立長寿医療研究センターの長寿政策科学研究部ウェブサイトから無料でダウンロードできる「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル」が参考になる。まず高齢ドライバーの車に同乗してみて、以下のチェック項目に当てはまるかどうかを観察し、日付を記録しておくことが重要だ。

(1)センターラインを越える
(2)路側帯に乗り上げる
(3)車庫入れ(指定枠内への駐車)に失敗する
(4)ふだん通らない道に出ると、急に迷ってしまったり、パニック状態になったりする
(5)車間距離が短くなる

   マニュアルによると、これらは高齢になっただけで増えてくる失敗というわけではなく、認知症のためにさらに起こりやすくなるものだ。1つでも繰り返して起こすようなときは交通事故を起こす可能性が高く、危険を示すサインになる。事実を伝え、粘り強く話し合っても解決が見られない場合には、警察署や免許センターなど「運転適性相談窓口」がある専門機関を頼ることが望ましい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!