2019年 9月 18日 (水)

ミネラル豊富「死海の塩」メニュー9種類 SABONショップでアフタヌーンティー

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   イスラエル発のボディーケアブランドSABONが、期間限定のカフェ「SABON Dead Sea É」を2019年9月20日~10月27日の期間、東京都目黒区のコンセプトショップ「Atelier SABON」内にオープンする。

   アフタヌーンティーの形式で、アラビア半島北西部の塩湖「死海」の塩を使用したフード・スイーツが提供される。

  • 死海の塩を使ったヘルシーメニュー
    死海の塩を使ったヘルシーメニュー

まろやかでやわらかな味の死海の塩

   アフタヌーンティーの内容は、軽食3種類とデザート6種類。すべてに「死海の塩」(食用)が使用されている。

   同社の広報担当者によると、ひよこ豆のファラフェル(コロッケに似た食べ物)や、フムス(ひよこ豆のペースト)を使ったピタサンドといったイスラエル風のものや、「死海の塩の結晶」をイメージした真鯛のハーブタルタル、「死海の水中」を表現したジュレ、「死海の泥」のような黒ゴマのペーストを使ったミルフィーユなどの死海から連想したメニューもあるようだ。

   また、紅茶は3種類あり、死海沿岸の植物をイメージした工芸茶も用意される。

   日本では食用の死海の塩は珍しいという。担当者にどんな味がするのか尋ねると、ミネラルが豊富なため、一般的な塩よりも味がやわらかい、まろやかだと感じる人もいると答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中