2019年 9月 20日 (金)

「早パタ、遅パタ」ってどういう意味 駅の「不思議広告」仕掛け人に聞く

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
「早パタ、遅パタ、バタバタな皆さまへ」

   美容フェイスマスク「LuLuLun(ルルルン)」を販売するグライド・エンタープライズ(本社:東京)が、2019年9月11日(一部9月9日)から、首都圏を走る京急本線の駅で掲出する広告の冒頭文だ。これに続く文章も含めて、一見すると暗号のような語句が並んでいるが、実は一部の職業に就く人ならば「解読」できるメッセージだという。

  • 実際の駅に掲出された「ルルルン」の広告
    実際の駅に掲出された「ルルルン」の広告
  • 広告を手がけた電通の三戸健太郎さん
    広告を手がけた電通の三戸健太郎さん
  • 広告の魅力を語るグライド・エンタープライズの金子はるかさん
    広告の魅力を語るグライド・エンタープライズの金子はるかさん

「帰りはDHで、明日はサブロー」野球の話じゃないの?

 

   広告のメッセージは、以下のような内容だ。

「CATが出現して、14フォックスのPAXからCallボタンが止まらない」
「帰りはDHで、明日はサブローとして搭乗」

   「CAT」が猫、「フォックス」がキツネだとすると、動物に関連する話だろうか。しかし、「DH」は野球の指名打者が連想できるし、「サブロー」は元プロ野球選手の名前と一致する。とはいえ、文としての意味は分からない。

   その後も、「T/OからL/Dまで」「21チャーリーのPAXにOJ出している」など、難解な言葉が次々と出てくる。しかし、文章の最後に目をやると、

「乾燥した機内で、お肌はずっと働いています。キャビンアテンダントの皆さま、たまには、ゆっくりLuLuLunしませんか?」

ここでようやく、キャビンアテンダント(CA)という具体的なワードが出てきた。

   散りばめられた言葉はCAが業務中に使う「専門用語」で、広告は「CAにしか分からない」ルルルンからの応援メッセージだったのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中