2019年 12月 6日 (金)

健康保険なくなり「医療費10割負担」 恐怖の未来絵図にカンニング竹山も真っ青

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   企業が設立する健康保険組合の連合組織「健康保険組合連合会(以下、健保連)」は、健康保険の制度見直しの必要性を訴える「10万ツイート達成してみんなの声を国会に届けるぞプロジェクト」をスタートし、2019年10月7日に東京都内で発表会を開催した。

   タレントのカンニング竹山さん、サッカー解説者の松木安太郎さん、ユーチューバーの古川優香さんが、「もしも健康保険がなくなったら」をテーマにトークセッションを行った。

  • 左から松木さん、竹山さん、古川さん、森岡理事
    左から松木さん、竹山さん、古川さん、森岡理事
  • 蛭子能収さん作「10割負担の未来絵図」
    蛭子能収さん作「10割負担の未来絵図」
  • インフルエンザの薬を作ってみるという古川さん
    インフルエンザの薬を作ってみるという古川さん
  • 風邪やインフルエンザならキレて気合で治す竹山さん
    風邪やインフルエンザならキレて気合で治す竹山さん
  • 松木さんはテーピングだらけの選手が増えると予想
    松木さんはテーピングだらけの選手が増えると予想

急速な少子高齢化で健康保険が大ピンチ

   発表会に登壇した健保連理事の森岡昭宏さんによると、日本の少子高齢化は急速なスピードで進んでおり、健康保険制度は厳しい局面を迎えている。

   高齢者の医療費は自己負担分を除き、現役世代の健康保険料に含まれる「拠出金」や公費でまかなわれているが、2025年には約620万人いる「団塊の世代」(1947~49年生まれ)全員が75歳以上の後期高齢者となるため、拠出金の負担が急増する懸念がある。

   一方で、健康保険を支える現役世代は減少している。日本経済新聞は2019年10月7日、今年の出生数は90万人を割る可能性が高いと報じた。

   1947年生まれが75歳になる2022年から問題は顕在化すると考えられるが、現役世代には「これから大変になる」という認識があまりない、と森岡理事。健康保険は「あって当たり前」で「空気のような存在」。「無くなったらどうなるか」は意識されていないという。

   そこで、現行制度の見直しが急務だと国民に訴えるため、ツイッターを利用したプロジェクトが行われる。大勢に健康保険への意識を高めてもらい、ハッシュタグ「#このままだと健康保険なくなる説」付きのツイートを10万件集めて国会や政治家まで届ける目標を掲げる。

   プロジェクトの拡散を図るため、松木さん、竹山さん、古川さん、漫画家の蛭子能収さん、芸人の夢屋まさるさん、アイドルグループ「東池袋52」、東山動物園のフクロテナガザル「ケイジ」、ネコのキャラクター「これからしかられるネコ」を起用したコンセプト動画を、今回のプロジェクトのウェブサイトで公開している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!