2020年 11月 26日 (木)

企業16社が拳でガチバトル...ゲームですが 記者も汗だく「フィットボクシング対抗戦」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   キャラクターやゲームを手掛けるイマジニア(東京都新宿区)が18年12月に発売した「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)用ゲームソフト「Fit Boxing」。これで企業公式ツイッター担当者が勝負する「第2回企業公式フィットボクシング対抗戦」が2019年10月10日に行われ、J-CASTトレンド記者も参戦した。

  • 16社が参戦した「第2回企業公式フィットボクシング対抗戦」
    16社が参戦した「第2回企業公式フィットボクシング対抗戦」
  • (左から)優勝した「サリールちゃん」と、同社職人見習いの「よむ」さん
    (左から)優勝した「サリールちゃん」と、同社職人見習いの「よむ」さん
  • 「サリールちゃん」は他の参加者よりもリズミカルに体を動かし、ゲームのリズムに乗ることを重視していたように見えた
    「サリールちゃん」は他の参加者よりもリズミカルに体を動かし、ゲームのリズムに乗ることを重視していたように見えた
  • 「第2回企業公式フィットボクシング対抗戦」結果
    「第2回企業公式フィットボクシング対抗戦」結果
  • (左から)決勝で戦う「共立電器産業株式会社」ツイッター担当者「サリールちゃん」、「インクロム」ツイッター担当者「マスクマン」
    (左から)決勝で戦う「共立電器産業株式会社」ツイッター担当者「サリールちゃん」、「インクロム」ツイッター担当者「マスクマン」
  • 16社が参戦した「第2回企業公式フィットボクシング対抗戦」
  • (左から)優勝した「サリールちゃん」と、同社職人見習いの「よむ」さん
  • 「サリールちゃん」は他の参加者よりもリズミカルに体を動かし、ゲームのリズムに乗ることを重視していたように見えた
  • 「第2回企業公式フィットボクシング対抗戦」結果
  • (左から)決勝で戦う「共立電器産業株式会社」ツイッター担当者「サリールちゃん」、「インクロム」ツイッター担当者「マスクマン」

ボクシング歴2年半余り、鋭いパンチを放つと

   イベントでは主催者のイマジニアをはじめカシオ計算機RIZAP、総合通販モール「Qoo10」など16社が参加。ゲーム内での得点を2人ずつ競い、勝者が勝ち上がるトーナメント戦が行われた。

   「Fit Boxing」は、人気声優が演じるゲーム内のインストラクターに指導してもらいながら、Joy-Con(コントローラー)を使ってさまざまなパンチを打つ。パンチは得点が高い順に「JUST」、「GOOD」、「MISS」の3評価ある。ボクシング歴2年半余りの記者は以前で実際に遊び、体験記事を書いた経験があるが、ミットを打つ要領で拳を繰り出しても、なかなかJUSTがもらえない。ゲームのリズムに合わせて丁寧にパンチを打つことが求められる。

   いざ1回戦。「驚安の殿堂 ドン・キホーテ」担当者と、基本的な「ジャブ」と「ストレート」を打ち分ける初心者モードで対決した。2種類のパンチを打ち分けるだけなら難易度は高くないはず――と思いきや、一発目のジャプはMISS。タイミングを合わせたつもりだったがパンチが速すぎたのかもしれない。動揺している間にも、相手は着実にJUSTを積み重ねていく。

   開戦直後は参加者たちの話す声が聞こえていたが、いつしかそれも耳に入らないほど集中してパンチを打っていた。しかし結局、一発目の失敗が響いて1点差で敗北。対戦前は会場が少し寒く感じられたが、終わってみると汗が止まらず、設置されている扇風機の前から動けなかった。

   なお、決勝戦を制し優勝したのは東京・大田区の町工場「共立電器産業株式会社」のサリールちゃん(写真2)。実は元プロボクサーだ。

「前回の対抗戦は3位で悔しかったので、会社にニンテンドースイッチとFit boxingを導入し、毎日練習していました(笑)。 勝因は前回よりもボクサーとしての動きを大事にしたことでしょうか。優勝できてよかったです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!