2021年 5月 18日 (火)

教科書的な列記では見落とされる欧州史の大局観

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

中世までは原始的な要素を多分にかかえていた

   これらの基本コンセプトで、侵入と征服の歴史、民主主義や封建制の形成、皇帝と教皇の関係等を整理し、欧州史の流れを説明している。もちろん、かなり荒っぽい分析ではあるが、教科書的な列記では見落とされる大局観を提供してくれる。特に、ゲルマン民族の影響は軽視しがちだったように思う。我々は往々にして各国史に先入観が入り、また、欧州文明を特別視してしまうところがある。かつて読んだ名著でも『アラブが見た十字軍』(アミン・マハループ、筑摩書店)が面白い。欧州も中世までは原始的な要素を多分にかかえており、産業革命が世界の構図を大きく変えている。

   長い欧州のストーリーの中で見ると、先に言及した国家を超えた欧州の統合や英国の離脱も、EU内におけるドイツと南欧諸国の対立も、納得とともに別の面白さも出てくる。政治学における歴史の重要性もこういったところにあるんだろう。自分も引退したら、日本を取り巻くアジア史を俯瞰できるよう、勉強してみたい。

経済官庁 吉右衛門

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!