2019年 11月 15日 (金)

■エリザベス女王杯「カス丸の競馬GI大予想」  
   大混戦を制するのはこの馬だ!

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
trend_20191108142735.jpg

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。今年の秋は調子がいいじぇい。この間の天皇賞は爺が◎△▲で三連単、カス丸は〇◎で馬連を当てたきゃすう。今週は牝馬のチャンプを決めるエリザベス女王杯(2019年11月10日、京都競馬場、芝2200メートル)だよ。で、今年は荒れ模様なの?

   カスヨ 女王を決めるといっても、現役最強といわれてるアーモンドアイが出ないし、去年勝ったリスグラシューも海外遠征中、海外GIを勝ったディアドラも日本にいないわ。だから今回は超一流馬ぬきの女王決定戦ね。ちょっと寂しいけど、見方を変えれば荒れる可能性十分。まあ、穴狙いのわたしの出番というところかしら。

trend_20191108142804.jpg

スピードとスタミナがあるのは...

   カス丸 カスヨ姉さんの本命◎はスカーレットカラーだよ。そんなに大穴でもないきゃすう。

   カスヨ いちいちチャチャをいれなくてもいいのよ、カス丸。スカーレットカラーはね、このレースの前哨戦、府中牝馬ステークス(GII、東京、1800メートル)で優勝したのよ。ほぼ一番後ろからゴボウ抜きで見事な勝利だったわね。エリザベス女王杯は差し馬の優勝が多いのよ。だからこの馬の末脚は期待できるわね。ただ、京都は東京に比べて直線が短いから、最終コーナーでは少し前にいる必要があるけどね。

   ガジュマル爺 カスヨの穴馬といっても、人気馬の一角じゃから、本当の穴馬とはいえないんじゃ。わしの本命はクロコスミアじゃ。昨年も一昨年も出ておるが、いずれも9番人気じゃ。ところが、2回とも2着に来ておる。これぞ本当の穴馬じゃな。今回も人気はないじゃろうが、このコースはこの馬にぴったしなんじゃ。レースがある京都競馬場はスタートで300メートルほど直線コースを走るから隊列が決まりやすく、あまりペースは上がらんのじゃ。向こう正面で坂を上って行くんじゃが、第3コーナーを回ったあたりで急な下り坂になり、あとはゴールまで平らなんじゃ。この下り坂からゴールまでが4ハロン(800メートル)。桜花賞やオークスといったクラシックレースは、残り3ハロン足らずのスピード勝負が多いんじゃが、ここは4ハロン勝負なんじゃ。となると、スピードだけではダメでスタミナも必要になるということじゃな。この両方を持っている馬がクロコスミアなんじゃ。

   カス丸 爺の対抗〇はサトノガーネットだじぇい。こっちも大穴だよ。

   ガジュマル爺 今回は、穴狙いというものをカスヨに教えとるんじゃ。サトノガーネットはここ2戦さえないんじゃが、その前は函館と阪神で厳しい競馬をして2連勝じゃ。京都が得意なディープインパクトの仔で、母系はノーザンダンサー系じゃから、スタミナとスピードを兼ね備えておる。超一級が参戦しておらん今回は、こういう伏兵が要注意なんじゃ。

   カスヨ 大本命ばっかしの爺にしてはトンデモ穴狙いね。でも、ムリがありすぎだわ。確かに、このレースはリピーターが多いんだけど、クロコスミアが3回も来るっていうのは、まあないわね。何よりもう6歳よ。爺よりははるかに若いけど、6歳が馬券になったのは10年前のテイエムプリキュア(2着)以来ないのよね。それとサトノガーネットだけど、確かにこのレースは前走がGIかGIIだった馬が馬券になるのが多いんだけど、ガーネットは前走GIIといっても8着よ。つまりクラスが上がると歯が立たないのよね、この馬は。ムリ筋もはなはだしいわ。いつものように、1番人気が予想されるラヴズオンリーユーを素直に本命にしたらいいのに、どうしちゃったのかしら。穴狙いはもうちょっと説得力がないとダメよ。わたしの対抗〇はフロンテアクイーンよ。この馬は府中牝馬Sで2着よ。エリザベス杯はね、府中牝馬組をはずしちゃダメなのよ。フロンテアも本命のスカーレットカラーも騎手が前走と同じ。つまり騎手が継続して乗ってたほうが、このレースではいい結果を残しているのよ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!