2020年 9月 27日 (日)

思い出のラーメン鍋 吉田戦車さんは妻に隠れて自室で調理した

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   FLASH(11月5日号)の「ごめん買っちゃった」で、吉田戦車さんがラーメン鍋への愛を記している。昔の苦労話から書き起こして最近のエピソードへ。漫画作品の〈不条理〉とは別世界の、妻に(たぶん)頭が上がらないクリエーターの日常が垣間見える。

「袋麺、カップ麺共に、インスタントラーメンを一番食べていたのは、やっぱり20代の頃だ。健康を気づかい、年々消費量は減っているものの、今でもたまに無性に食べたくなり、5袋パックを買ったりしているわけだった」

   コラムは、自身の即席めん遍歴を語って始まる。ちなみに、吉田さんが20代の頃といえば1980年代から90年前後、カップの生産量が袋を抜いた時代である。経済記者だった私が「即席めん カップが主流に、18年で袋入り抜く」を書いたのは89年だった。

   お子さんがまだ小さい頃、吉田さんは台所を自由に使えなかった。昼間は妻子とベビーシッターが在宅していたためだ。そこで筆者は6畳の自室にカセットコンロを持ち込み、自炊を試みる。カップ麺ではなく、どうしても袋麺を作りたかったらしい。

「あの『炎が見たい...』という強い気持ち。赤ん坊はかわいいものの、相当ストレスがたまっていたんだなあ、と思う」

   そして欠かせないのが鍋である。ネットで見つけたそれは、オオイ金属の片手鍋「アルミラーメン鍋 17㎝」だった。千円ほどしたという。

「届いた鍋を手にとると、薄手でとても軽い。だが、チープなようでいて、作りに荒っぽさはなく、堅実な昔の工業製品に見えた」
  • マルちゃん「昔ながらの中華そば」冨永作。これはやや高級な半生タイプ
    マルちゃん「昔ながらの中華そば」冨永作。これはやや高級な半生タイプ
  • マルちゃん「昔ながらの中華そば」冨永作。これはやや高級な半生タイプ

AV視聴の後ろめたさ

   掃き出し窓から湯気を逃がしつつ、楽しくラーメンを作ること数回。事態は暗転する。

「食べている最中いきなり入ってきた妻に、アダルト動画視聴中の現場でも目撃してしまったような顔をされ、『秘密の自室クッキング』はそれでおしまいになった」

   冷静に省みれば、換気と残り汁の処理、洗い物ができないことなどハードルは高かった。漫画家という商売柄、自室には「水分厳禁」の原稿や本もたくさんあった。

   あれから数年を経た現在、子どもは小学生となり、台所を自由に使える時間は増えた。久しぶりに「袋ラーメン欲」が高まった吉田さんは、東京では入手が難しいマルちゃんの(正麺ではないほうの)塩、しょうゆ、みそ味を故郷(岩手県=冨永注)で買い込む。少年時代の定番だ。まず塩味を手にとった筆者は、台所でステンレス5層の片手鍋を準備しながら「待てよ」と思う。

「この歴史あるパッケージのラーメンには、あのアルミのラーメン鍋が似合うのではないか?...昔のインスタントラーメンの香りが、おどろくほど似合う...気がする」

   押入れから数年ぶりに「あの鍋」を引っ張り出した吉田さんは、あれこれ考える。

「部屋クッキング、おもしろかったなー。でも二度としないだろうなー。子供もずいぶんでかくなったなー、などと思いながら、鍋から直接食べた」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!