2020年 4月 3日 (金)

■マイルCS「カス丸の競馬GI大予想」  
 ダノン2頭で決まりなのか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

ダノンキングリーの不安な点

trend_20191115165949.jpg

   カス丸 爺の対抗はダノンキングリーだよ。3歳馬だけど、大丈夫きゃすう?

   ガジュマル爺 去年の優勝は3歳のステルヴィオじゃ。その前の優勝はさっき名前が出たペルシアンナイトじゃが、これも3歳。ここ2年連続で3歳が来とるんじゃ。ダノンキングリーは3歳馬ではトップクラスの実力じゃ。前走の毎日王冠を勝って、わしの本命のインディチャンプを破っておる。本命にしてもよかったんじゃが、騎手の乗り替わりが若干心配なんじゃ。それ以外は、ディープインパクトの仔じゃし、母系がストームキャット系の血統じゃから心配無用じゃ。それに馬番が1番じゃから、ラチ(柵)沿いに走ってじっくり脚をためれば、内をついて最短コースでゴールが狙える。去年は馬番が1、2、3の順で決まりじゃった。3頭ともに内でじっくり脚をためたわけじゃ。先週のラッキーライラックみたいなもんじゃな。

   カスヨ でも、ダノンキングリーには他にも心配な点があるわよ。それは今回が初めての輸送なのよね。それとダノンプレミアムと同じ馬主ということを考えると、最初の計画はプレミアムが天皇賞、キングリーがマイルCSでそれぞれ優勝、という狙いだったと思うんだけど、天皇賞はアーモンドアイにとられたので、どうしてもGIがほしいダノン陣営としては、両方出してきたのだと思う。裏を返せば、キングリーでは不安もあるってことだわね。

   カス丸 マイルCSはときどき伏兵が来るきゃすう? 今年はどうなの?

   ガジュマル爺 わしの単穴▲はレイエンダじゃ。もともと1600~2000メートルが得意じゃから、京都のマイルにはぴったしじゃ。前走のマイル戦、富士ステークス(GIII、東京)ではちゃんと2着に来ておる。こんどは絶好調のルメール騎手じゃから、期待ができるぞ。あとはスワンステークス(GII、京都、1400メートル)を勝ったダイアトニック。京都で2連勝中じゃ。鞍上は引き続きスミヨン騎手。マイルCSでは先行有利というが、大穴を開けるのは後方から来た馬じゃ。ダイアトニックの末脚は一級品じゃから期待できるというもんじゃ。最後にグァンチャーレ。今回と舞台が同じ春のマイラーズカップでは、ダノンプレミアムの2着じゃ。この時は逃げ粘りで、インディチャンプやモズアスコットに先着しておる。今度も逃げそうなのは、この馬じゃから大穴を開ける可能性大じゃ。

   カスヨ わたしは先ずはマイスタイルね。前走はスワンSで3着、3月のマイル戦、ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII、中山)でも3着としっかり馬券内に来る馬よ。京都のマイル戦は4戦して3回が馬券内だから要注意ね。あとはモズアスコット。なんといってもGI馬ははずせないわ。欧州の名馬、フランケルの仔というのは誰もが知ってると思うけど、これまでフランケルの仔は早熟で、一度調子を落とすと復調が難しいと思われてたけど、この馬は前走のスワンSで2着となり、見事に復活したわ。しかも、中2週とローテーションが詰まっているんだけど、去年は連闘で安田記念を勝ったくらいだから、詰まっていたほうがいいのね。今回も期待できるわよ。最後はレッドオルガ。マイルCSは牝馬の成績がよくないんだけど、ディープインパクトの仔だし、前走のマイル戦、富士Sでも3着に来てるから、牝馬で来るとするとこの馬になるわね。

   カス丸 うーん、なんだか難しくなってきたじぇい。でも、3歳が連覇してるし、最初からここを目指したダノンキングリーを本命◎にするきゃすう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!