2020年 2月 29日 (土)

日本が見習いたい英国由来のナショナル・トラスト

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

日本人にできないはずはない

   英国のナショナル・トラストを参考に、1960年代に鎌倉で日本初のナショナル・トラストが始まって以来、各地でトラスト活動が芽吹き、広がってきているが、まだまだ、英国のナショナル・トラストはかなり先をいく先進団体だ。日本では、2019年12月21日に、第37回ナショナル・トラスト全国大会が開催される。そのなかでは、「霧多布湿原を未来の子供たちに引き継ぐために」と題して、認定NPO法人「霧多布湿原ナショナルトラスト」理事長・小川浩子氏が登壇する。花の湿原と呼ばれ、ラムサール条約の登録湿地で北海道遺産にも選定されている霧多布湿原は、その約3分の1にあたる1200ヘクタール(ha)が民有地となっていることから、当団体により湿原の買い取りが続けられ、現在、956haが守られている。湿原の状況や、ファンを増やす取り組み、企業との連携などの近況について報告がされる予定だ。「週刊エコノミスト」11月26日号の「問答有用」(ワイドインタビュー)には、前理事長の三膳時子氏が登場し、「花のじゅうたんを眺めて生きられる幸せ」を生き生きと語っている。

   小野氏同様、評者も、「イギリス人にできて、日本人にできないはずはない。むしろ、日本ならではの市民による環境保護運動は、今後かならず大きな輪となり、広がっていくのではないか」と確信している。

経済官庁 AK

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!