2020年 12月 5日 (土)

希少品種が堪能できる「いちご滞在」 鬼怒川では幻のいちご「とちひめ」も

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   星野リゾートの温泉旅館ブランド「」は、1泊2日の「いちご滞在」プランを、2019年12月1日から20年2月29日まで、栃木県内の界「川治」、「鬼怒川」、「日光」の3施設で取り扱う。期間は施設によって異なる。

  • いちごの名産地ならではの滞在プラン
    いちごの名産地ならではの滞在プラン
  • いちごの名産地ならではの滞在プラン
    いちごの名産地ならではの滞在プラン
  • いちごの名産地ならではの滞在プラン
    いちごの名産地ならではの滞在プラン
  • いちごの名産地ならではの滞在プラン
  • いちごの名産地ならではの滞在プラン
  • いちごの名産地ならではの滞在プラン

「川治」、「鬼怒川」、「日光」の3施設

   約50年連続で日本一の収穫量を誇るという栃木県のいちごを、チェックインからチェックアウトまで存分に味わえるプラン。各施設の特徴を生かした演出を用意するほか、いちごスイーツ取り扱い店のマップももらえる。

   「川治」のコンセプトは「里山の知恵」。敷地内の水車小屋に設置されたプランターから、ジューシーなとちおとめを摘む「里山いちご滞在」(2万5000円~)を提供する。夜には水車小屋の囲炉裏を囲み、希少な白いちごを使ったおしるこ作りを体験。

   「鬼怒川」では、栃木の民芸品に触れる「民藝いちご滞在」(2万9000円~)を販売する。同県でしか味わえないという幻のいちご「とちひめ」などの食べ比べや菓子を用意。300枚の豆皿ギャラリーから好みの皿を選んで盛り付けて食べる。

   中禅寺湖の畔にある「日光」では、「絶景いちご滞在」(2万8000円~)を提供。霊峰「男体山」を望むロビーに設置される「絶景茶屋」では、夕陽と雪の鮮やかなコントラストや、ピンク色に染まる朝焼けが見られるという。また、日の入りと日の出の時間帯には、希少な白いちごや名産の羊羹を使った温かい甘味を提供する。

   料金は2人1室利用時の1人あたり、サービス料込、税別。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!