2019年 12月 14日 (土)

ヤマザキマリ「いい風呂の日」にボサノバ大熱唱 漫画家とり・みきらとライブ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「テルマエ・ロマエ」作者のヤマザキマリさんと、漫画「クルクルくりん」などで知られる、とり・みきさん。現在、月刊誌「新潮」で連載中の歴史漫画「プリニウス」を共著する漫画家の2人がボーカルとギターを務めるバンド「とりマリ&エゴサーチャーズ」のライブが東京・代官山で2019年11月26日に行われた。

   ライブの副題は「Homenagem a João-」。今年7月に死去したブラジルのボサノバ歌手・ジョアン・ジルベルト氏に敬意を表し、代表曲「Chega de Saudade(想いあふれて)」、「Garota de Ipanema(イパネマの娘)」などをはじめとしたボサノバ音楽を演奏した。

  • 「とりマリ&エゴサーチャーズ」のボーカルを務める・ヤマザキマリさん
    「とりマリ&エゴサーチャーズ」のボーカルを務める・ヤマザキマリさん
  • 観客のすぐ目の前でバンドが生演奏
    観客のすぐ目の前でバンドが生演奏
  • ギターのとり・みきさん
    ギターのとり・みきさん
  • 夫婦漫才のような雰囲気で曲の説明をするヤマザキさんと、とり・みきさん
    夫婦漫才のような雰囲気で曲の説明をするヤマザキさんと、とり・みきさん

「大体どの曲でも誰かが失恋していて...」

   同バンドは2013年に結成。日本入浴協会が「よい風呂の日」として制定している4月26日に、毎年「ヤマザキ春のマリまつり」として定例ライブを行っているが、今年は日本記念日協会が「いい風呂の日」に認定している11月26日にも開催が決定した。ライブ当日は「テルマエ・ロマエ」第1巻の発売からちょうど10年目の記念日だが、それを祝して...というわけではなく、ヤマザキさん曰く「単に偶然が重なっただけ」だそう。

   当日はヤマザキマリさん(ボーカル)、とり・みきさん(ギター)のほか、葛岡みちさん(ピアノ・アコーディオン)、伊藤健太さん(ベース)、そしてロックバンド「ウルフルズ」でドラマーを務めるサンコンJr.さん(ドラム)が出演した。会場のイベントスペース「晴れたら空に豆まいて」には50人を超える観客が集まり、バンドの生演奏や、ヤマザキさんととり・みきさんが曲間に繰り広げる軽妙なトークを楽しんだ。

   公式ウェブサイトの自己紹介欄に「嗜好:昆虫 南米文学と南米音楽(特にブラジルとキューバ)」と書いているヤマザキさん。「ボサノバの神」と呼ばれるジルベルト氏を敬愛してやまないと言い、ライブ序盤にとり・みきさんから「ずばり『ボサノバ』とは何か」と問われると「サンバとジャズの要素を併せ持つ新しいリズム、風潮のこと」と一言。また

「ボサノバというと、大体どの曲でも誰かが失恋していて、別れた人のことをうじうじと未練がましく歌っているんですね(笑) 。明るいリズムとメロディーだから、あまりそういう印象はないかもしれませんが」

とエッジの効いた解説で観客から笑いを誘っていた。

   ヤマザキさんはほとんどの曲を、ブラジルの公用語であるポルトガル語で歌唱。ただ英語、イタリア語、日本語、ポルトガル語を操るマルチリンガルであることから、つやっぽいハスキーボイスで「Garota de Ipanema(イパネマの娘)」をフレーズごとに4言語で歌い分け、「言語が変わると、響きや印象もまた変わる」ことを客席に訴えた。観客は自由に体を揺らしたり、歌を口ずさんだり、手拍子に参加したりと、全18曲の演奏を思い思いに楽しんでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!