2020年 1月 30日 (木)

食糧難時代の救世主として期待 無印良品「コオロギせんべい」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   無印良品を企画、開発する良品計画(東京都豊島区)は、「コオロギせんべい」を、2020年春に発売する。

   徳島大学の研究をもとに量産したコオロギをパウダー状に加工し、せんべいに練りこむ。

  • コオロギが世界の食料問題を解決するかも
    コオロギが世界の食料問題を解決するかも

FAOも家畜の代替として昆虫食を推奨

   世界の急激な人口増による、今後の食糧確保と環境問題を考えるきっかけとして、同社は昆虫食研究の有力校である徳島大と協業。コオロギを食材とするための取り組みをスタートした。発表資料によると、徳島大からは食用コオロギの実用化に向けた研究成果を、同社からは商品開発プロセスを共有。おいしく食べられる昆虫食の開発を進めている。

   コオロギは栄養価が高く、生育時にかかる環境負荷が少ない上に、他の昆虫よりも成長が早いため、効率的に生産できるといった長所がある。また、雑食なので食料の廃棄問題への貢献も期待されている。

   国連食糧農業機関(FAO)も、家畜の代替として昆虫食を推奨している。特にコオロギは食用に適しているとして、国内外で注目を集めているという。

   無印良品の一部店舗とネットストアで取り扱う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!