2020年 4月 6日 (月)

動物には興味なし? 前田エマさんと生き物たち、その絶妙な距離感

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   mina 1月号の「週末カフェ」で、エッセイストの前田エマさんが自身の動物遍歴を語っている。ミーナは2001年創刊の女性ファッション誌。もともと発行元は主婦の友社だったが、1年ほど前、同社元社長が起こした夕星(ゆうづつ)社に移った。前田コラムもまだ若く、これで5回目。写真家、川原崎宣喜さんの大ぶりな作品(ほぼ1ページ半大)と組んで、なかなかおしゃれな体裁である。

「私は、動物に興味がない。イヌやネコに出くわしても『あ、イヌだ』『あ、ネコだ』という感じで『きゃー!かわいい』とは、ならない」

   かといって、ペットの類が嫌いなわけでもないらしい。前田さんは子ども時代の記憶を引っ張り出す。小学生のころ、クラスの「カースト制度」の〈中の下〉か〈下の上〉に位置していたという筆者は、いわゆる「生き物係」を何度も務めていた。

「学校やクラスで飼っている動物の世話をする係なのだが、他の係に比べて非常にめんどくさい仕事内容なのであまり人気がなかった」

   登校したらウサギ小屋に行って掃除や餌やり、休み時間には水替え。夏冬の休みにも当番の日は学校に通った。ウサギの次はカメだった。級友の「ピアノが上手い女の子」が持ち込んだものだ。最初はみんな喜んでいたが、そのうち水槽のドブ臭さゆえに隅に追いやられ、夏冬の休みには「係」の前田さんが家に持ち帰って世話をすることになる。

  • 長く生活を共にしていれば情が移る
    長く生活を共にしていれば情が移る

確かに情が湧いてくる

   彼女の弟は動物が好きで、ゲンゴロウやオタマジャクシを獲ってきて自宅で飼っていた。ところが、世話をするのはいつも姉のほうだった。

「私にとっては、イヌもネコもウサギもカメもゲンゴロウもオタマジャクシも、同じだ。そしてもっと大きい括りで言うと、ヒトもそれらと大して違いはない。そこまで興味がない。ただ、しばらくいっしょに過ごすと、情のようなものが湧いて来るのは確かだ」

   ある日、祖母の家のネコが死んだと電話で知らされた。「ふーん、そうなんだ」...電話を切ってもテレビ番組の続きを見ていた前田さんだが、「番組が終わったとたん、ぶわっと目の奥が熱くなり、なぜか涙を流していた」という。

「カフェの中、こちらを見つめる犬と目が合って、なんだかそんなことを思い出した」

   添えられた川原崎さんの写真は、東京都内のコーヒー店を外から撮ったものだ。窓際のカウンターの向こうから、2匹のトイプードルが「こちら」をじっと見ている。

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!