2021年 9月 25日 (土)

井上康生「名選手から名監督」の道 「目指すべき柔道」東京五輪で【特集・目指せ!東京2020】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

柔道は「世界のスポーツに変わってきている」

   井上さんは指導者としての顔がある一方、社会貢献活動にも力を入れている。

   1984年のロサンゼルス五輪金メダリスト、山下泰裕さんが2019年5月まで行っていた、柔道を通じた異文化交流活動。その運営団体「柔道教育ソリダリティー」は山下さんが多忙のため解散することになったが、井上さんは山下さんの意思を継承する形で、新団体「JUDOs」を立ち上げた。

「やるんだったら俺の団体を引き継ぐんじゃなくて、一から自分自身が作った上でやれ」

   東海大学の先輩で、師と仰ぐ山下さんから思いを託された。9月には、さっそく理事長としてミャンマーを訪問し、日本人学校で柔道教室を開いた。

「柔道は今、日本の競技だけではなく世界のスポーツに変わってきている。国際交流の場で、大人も子供も含めたサポートシステムを作ることもできる。やれることはたくさんある」

と今後の活動に意欲を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!