2020年 6月 4日 (木)

買い物袋「プラ製」から「紙製」7割近くが変更賛成 日本製紙連合会調査

印刷

   製紙業・パルプ製造業の業界団体「日本製紙連合会」(東京都)は、国内在住の10~60代の男女1450人を対象に実施した「紙製品の環境配慮に関する意識調査」の結果を2019年12月12日に発表した。

   レジ袋やストローといったプラスチック製品が「紙製」へ移行することについて、回答者の多くが賛意を示した。

  • プラ製品の「紙移行」どう思う?
    プラ製品の「紙移行」どう思う?
  • プラ製レジ袋が紙袋に、どう思う?
    プラ製レジ袋が紙袋に、どう思う?
  • プラ製ストローが紙ストローに、どう思う?
    プラ製ストローが紙ストローに、どう思う?
  • プラ製品の「紙移行」どう思う?
  • プラ製レジ袋が紙袋に、どう思う?
  • プラ製ストローが紙ストローに、どう思う?

「環境によさそう」「ゴミが減らせそう」

   買い物袋をプラスチック製のレジ袋から紙袋に変更する企業が増えていることについて、調査では賛否を聞いている。全体の66.6%が「賛成」「どちらかというと賛成」と答えた。理由は「環境に良さそうだから」が79.6%と最多で、「ゴミが減らせそうだから」、「紙袋の方が上質だから」が続いた。

   プラスチック製のストローに代わり紙ストローが普及することの賛否では、全体の71.8%が「賛成」「どちらかというと賛成」と答えた。「反対」「どちらかというと反対」は7%にとどまったが、理由としては「飲みづらいから」「溶けるから」「味が落ちるから」の順に指摘が多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!