2020年 10月 20日 (火)

さらば「ウィンドウズ7」 サポート終了日に公開された「墓」と「お別れ動画」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」が2020年1月14日に延長サポートを終了する。

   東京・八王子にあるパソコン(PC)販売会社は、そんなウィンドウズ7に哀悼の意を表した「告別式」さながらの動画を、ユーチューブ(YouTube)に投稿した。2009年から約10年にわたりPCユーザーを支えたOSの「最期」を、ユニークな形で送り出している。

  • ウィンドウズ7の「告別式」(画像はYouTubeより)
    ウィンドウズ7の「告別式」(画像はYouTubeより)
  • ウィンドウズ7の「告別式」(画像はYouTubeより)

一斉シャットダウン、静かに役割を終える

   動画はまず「R.I.P. WINDOWS 7 B2009-D2020」「IN LOVING MEMORY(愛すべき思い出)」と文字が刻まれた「ウィンドウズ7のお墓」がアップで映し出される。

   その後「蛍の光」がBGMに流れる中、ウィンドウズ7のデスクトップ画面が表示されたPCが次々と映し出されていく。

   全て表示されると電気が消え、PCが一斉にシャットダウン。ウィンドウズ7は静かにその役割を終える、という内容だ。

   動画を手掛けたのはPCの販売・処分を手掛けるいっとく(東京都八王子市)。J-CASTトレンドの取材に応じた社長の永野間祐一氏は、

「ウィンドウズ7は本当にお世話になったOS。リスペクトの意味を込め、同じウィンドウズ7を使っていたユーザーに共感していただけたらと思い、制作しました」

と語った。動画は本社前で撮影したものだという。

   同社はこれまで「98」「XP」など歴代のウィンドウズOSをまつる「お墓」を3基つくり、J-CASTトレンドでその様子を19年6月の記事で取り上げている。動画に登場する「ウィンドウズ7のお墓」は3基と同じ発泡スチロール製だが、過去3基がコケの生えた古さを感じる見た目である一方、ウィンドウズ7ではサポート終了日ということもあり、コケのないピカピカの墓となっている。

   ウィンドウズ7のお墓は過去の3基と合わせ、毎週日曜日の10時~16時30分にいっとくの本社前で展示を予定する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!