2020年 10月 20日 (火)

「新型肺炎」初期は風邪、インフルエンザと区別できない 中国当局の専門家「ワクチン」見通しも語る

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

大半は高齢者か基礎疾患がある人だが乳児の感染も

   また、中国では発症後に入院せず快復した人がいると報道された。だが、李氏は「たしかにいるにはいるが、その人は医師だった。つまり自分で体調を観察し、適切に対処できた。肺炎は重症化が速いので、普通の人は早い段階で病院に行ってほしい」と強調した。

   現段階で死者は100人を超えており、大半が高齢者か基礎疾患がある人だ。ただし、感染者の年齢は幅広く、乳児の感染も確認されている。政府系機関である中国疾病予防コントロールセンターの馮子健副主任は27日、国営テレビに対し、「これまでの感染者のデータを見る限り、幼児から高齢者までまんべんなくかかっている」と説明する一方、子どもの症状は総じて成人より軽く、今のところ子どもで重体に至ったケースはない」とも述べた。

(ライター・浦上早苗)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!