2020年 9月 28日 (月)

新型コロナウイルス対策にアルコール消毒 東京と神奈川で「除菌スプレー」設置状況を調査

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   新型コロナウイルスによる肺炎の感染報告が、日本国内でも増え始めた。厚生労働省の公式ウェブサイトによれば、2020年1月30日正午時点で9人の感染者が確認された。J-CASTトレンドが1月29日に公開した記事でも触れたが、連日報道される感染症のニュースを受けてか「アルコール除菌」「アルコール消毒」に関する意識が高まっているようだ。

   ツイッターを見ると「今まで見向きもしなかったアルコール消毒スプレー。飲食店とかに置いてあると、必ずシュッシュッとやるようになったw」、「電車を降りたら駅のトイレで手を洗い、デパート等に入ったら設置されてるアルコールをプシュー...で過ごしてます」などの声が見つかる。編集部では1月29日、東京都内や神奈川の駅、商業施設などを歩いて回り、備え付けのアルコール除菌スプレー設置・使用の様子を確かめてみた。

  • 東京都内と神奈川の駅や商業施設におけるアルコール除菌スプレーの使用率は?(写真一部加工)
    東京都内と神奈川の駅や商業施設におけるアルコール除菌スプレーの使用率は?(写真一部加工)
  • 東京都内と神奈川の駅や商業施設におけるアルコール除菌スプレーの使用率は?(写真一部加工)

置いてあるのに通り過ぎ...

   まず、都内にある4施設について。初めに訪れたのは日本有数の乗降者数を誇る新宿駅に近い百貨店だ。駅と直結しているフロアの、インフォメーションカウンター前にアルコール除菌スプレーがぽつんと置かれている。近くで10分ほど観察すると、利用者は1人だけ。足早に目の前を通り過ぎる人ばかりだ。カウンター内にスタッフがいなかったため設置時期は確認できなかったが、中身は満タンに近かった。

   2軒目はJR四ツ谷駅と直結する商業施設へ。記者が確認した限り、入口にアルコール除菌スプレーはない。店内の各飲食テナントを見ると、置いていたのはイートインスペースが併設されているベーカリー1店のみだった。ただイートインスペース受付カウンター前にあるだけで、テイクアウト用のパン陳列スペース部分には置かれていない。また、利用者の姿は見られなかった。

   渋谷駅近くの複合施設には、案内所にアルコール除菌スプレーがあった。新型肺炎対策かどうかは不明だが、勤務していた人によると「1月29日から設置した」そうだ。4軒目、江東区の複合商業施設には、記者が確認した限り6か所の入り口があり、全てアルコール除菌スプレーが配置されていたが、利用している人はいなかった。施設内のフードコートには、手洗い場があるためかアルコール除菌スプレーは未設置だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!