2020年 9月 29日 (火)

新型コロナ「相談と受診の目安」に戸惑い 「だるさ」「息苦しさ」花粉症と区別できない

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19)の深刻化で、厚生労働省は2020年2月17日に「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」を公表した。

   「37.5度以上の発熱が4日以上」といった目安が示された。一方、「強いだるさ」「息苦しさ」といった表現の解釈について、ツイッターでは「風邪や花粉と区別がつかない」と戸惑う声が挙がっている。

  • 風邪や花粉と区別がつかない…
    風邪や花粉と区別がつかない…
  • 風邪や花粉と区別がつかない…

「いつもの症状すぎてどう違うか」と困惑

   厚労省は、相談、受診をする前に「発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休む」、「発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録する」ことを心がけるよう促している。そのうえで、相談、受診をする目安を(1)「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)」、(2)「強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある」場合と示した。いずれかに当てはまる人は、まず「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談し、同センターで勧められた医療機関を受診するように、とのことだ。

   ツイッターには、この(1)(2)だけでは自分が新型コロナウイルスの症状なのか、一般的な風邪や花粉の症状なのか、区別できないといった書き込みが多く見られる。

「そろそろ花粉が来てる気がする...鼻だけじゃなくて、だるさや喉咳にもくるから、風邪なのか花粉なのか区別がつかない。たとえコロナだとしても熱出るまでは絶対気づけないよなぁ...」
「正直、自分重めの花粉症だから、息苦しさ、だるさとか花粉の時期のいつもの症状すぎてどう違うかなんか分からんよな」
「コロナなのかインフルなのか風邪なのか花粉症なのか区別出来ないな」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!