2022年 7月 3日 (日)

新型コロナ心配、でも来月結婚式 新郎新婦もゲストもマスクできない披露宴

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イベントの中止が相次いでいる。厚生労働省は「不要不急の外出を控え、あえて人混みに行くのは止めてほしい。いつ行ってもいいものであれば、後ろに倒してほしい」と、人が多く集まる場所を避けるよう呼びかけている。

   「結婚式 コロナによる延期」。2020年2月20日、女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」にこんなトピックが立った。投稿者は神奈川県内で3月に挙式を予定しているが、新型コロナウイルスの流行を不安に思い、中止にするのが最善ではないかと考えている。

祝う気持ちはあるけれど...招待された側の本音

「両家とも遠方のゲストが多く、中には高齢者や乳幼児や妊婦さんもいらっしゃるため延期や中止を視野にいれながら不安な毎日を過ごしています。強行するつもりは無く、ゲストの体調を第一に考えておりますが判断基準や、会場の対応や今後の交渉について同じような方と情報交換がしたくトピック申請致しました」

   投稿主はこう説明し、ここ数か月以内に挙式予定の人やゲストとして招待されている人から意見を募った。「普通にやったらいいと思うよ」と、挙式を勧める人はいるが、わずかだ。以下のように、中止もしくは延期が望ましいのではないかとの考えが多く見られる。その理由に「マスク着用が難しい」点が複数挙げられていた。

「マスクしたいけどそうもいかないし、中止にしてほしいかな」
「お祝いしたい気持ちはあるけど、ゲスト側としては参列したくないというのが本音かな。マスクして参列するわけにはいかないしね」
「呼ばれた側は行きたくないのが本音だと思う お祝いしたい気持ちはあるけど延期の方がありがたい」

   また、実際に来月の結婚式に参列予定だった人からは「乳児いるから申し訳ないけど欠席させてもらった」、「来月の結婚式に招待されています 延期するかもしれないと言ってました」、「私も来月結婚式に招待されてる。しかも都内。田舎から都内に行くからぶっちゃけ怖い。お祝いする気持ちは大いにあるけど、できれば延期して欲しいと内心思ってる」と実体験が寄せられた。

挙式前に「一人一人電話」「手紙」で確認

   中止・延期に費用がかかることを踏まえ、投稿主に挙式を挙げる前提でアドバイスをする人も。

「身内だけで式と披露宴をやって、コロナが落ち着いたらみんなを呼んでパーティするのとかでも良いかもね」
「私であれば、可能なら一人一人電話して、こんな状況ですがどうします?って聞くかな」
「お手紙みたいなの出せないの?コロナの影響もあり参加は遠慮して頂いてかまいません、みたいな。一応形として。そうすれば本当に気にしてる人は欠席するし気にならない人は普通に参加してくれるんじゃない?」

   厚労省は公式サイトで「多くの方が集まるイベントや行事等の参加・開催について」このように注意喚起をしている。

「多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただけますようお願いいたします」


(2月22日追記)掲出していた写真は、本文と一切関係がないので削除しました。関係各位にはご迷惑をおかけいたしました。お詫びいたします。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!