2021年 2月 27日 (土)

「新型コロナ」感染したら?命の危険は? 現状で分かっている情報を点検する

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「ほとんどの人は軽い症状」だがウイルスに不明な点も

   2020年2月19日放送の情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)で、感染症に詳しい「とうきょうスカイツリー駅前内科」の院長・金子俊之氏は、新型コロナウイルスについて「幸いにも重症化する人はさほど多くない」と話した。ほとんどの人は風邪のような軽い症状でおさまるという。

   一方、万が一重症化してしまった場合の医療現場での対応についても言及。現段階で、日本では重症化した例を複数見ている医療機関はないとした上で、「各国の対応を見ていると、標準的な肺炎の対処療法、あるいはバイタルを安定させるような治療法で大きく問題ないのでは」との見解を示した。完治は「症状が治まってから数日」とのことだが、まだ不明な点もあるという。

   現状ではワクチンが開発されておらず、金子氏が指摘したとおり治療は対処療養だ。「新型」だけに解明されていない点が多く、現状認識が今後変わる可能性が否定できない。まずは引き続き「マスクの着用」や「しっかりした手洗い」など予防を心がけ、ウイルスに対する正確な情報を常にアップデートしておき、備えることが大切だろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!