2020年 4月 2日 (木)

「脱税と薬」 芸人はなぜ脱税してしまうのか?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
trend_20200225170400.jpg
実は漫画家にも多い? 脱税してしまうタイプとは。

   動画連載「大放談! 西原理恵子と山本一郎の火鍋チャンネル」。前回のテーマ「おカネとシアワセ」の話の流れで、鍋談義は有名人の薬物・脱税問題へと発展した。出演者は前回に引き続き、漫画家の西原理恵子さん、情報法制研究所 上席研究員の山本一郎さん、小羊肥ジャパン元代表の青山浩さんの3人だ。

ダーリンはお金に興味がない

   2019年、脱税問題で世間を騒がせたお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さんについて青山さんは、「社会人として論外」と断じながらも、「悪意はない感じがする」と、徳井さんに対する社会の「制裁」の重さに疑問を呈する。もちろん「知らなかった」では済まされないが、そもそも、こうしたケースを防ぐにはどうすればよいかが論点となった。

   「漫画家にはあのタイプが多い」と言う西原さん。「何千万部と売れる面白い漫画を描く人が本気で物語の中に入っている時に、編集者が横から『税務署行ったほうがいいよ~』ってアドバイスするくらいじゃ全然ダメ」。クリエーターや芸人など、ある分野で優れた能力を持つ半面、それ以外の事にはてんで無頓着な人でも、きちんと納税できるようなシステムが必要だと熱弁する。

   脱税だけではない。どんなに稼いでいても、お金の管理ができないとだまされて「すってんてんになる」ケースもあると山本さん。だます目的で近づいてくる人はもちろん、最初は親切心からお金の管理を手伝っていた人も、「本人があまりにも気にしないものだから、ちょっとくらいつまんでも大丈夫だろう」と、悪い人に豹変するのだ。

   西原さんは、「時々そういう目に遭う」というダーリン(高須クリニックの高須克弥院長)にも、「あなたのその鷹揚さが周りを悪人にする」と常々言って聞かせているそうだ。西原さんによれば、「ダーリンはお金に興味がない」のだとか。

   そんな大金持ちが身近にいると、「カネってむなしい」とぼやく山本さんに、「全然そう思わない。私は身の丈に余るくらいのお金がほしいよ」と西原さん。いい感じに酔いがまわってきた3人の漫談(?)は、まだまだ続く。



【ワンクリック投票】

西原理恵子(さいばら・りえこ)
漫画家。1964年高知県生まれ。武蔵野美術大学卒。88年、週刊ヤングサンデー『ちくろ幼稚園』でデビュー。代表作に『ぼくんち』『毎日かあさん』など。母から娘に向けた生き方指南『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』は30万部のベストセラーに。ほか、『りえさん手帖』『ダーリンは74歳』など著書多数。
公式サイト:http://toriatama.net/

山本一郎(やまもと・いちろう)
情報法制研究所 上席研究員。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。IT関連のコンサルティングやコンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査を手掛ける。介護と育児の「Wケア」に奔走しつつ文筆活動もこなす。著書に『ネットビジネスの終わり(Voice select) 』『ズレずに生き抜く(文芸春秋)』など。
公式ブログ:https://lineblog.me/yamamotoichiro/

青山 浩(あおやま・ひろし)
株式会社小肥羊ジャパン元代表取締役。1973年大阪府生まれ。東京大学法学部卒。2005年、株式会社ウェブクルー代表取締役社長を経て06年小肥羊ジャパンを設立。勲五等タイ王冠勲章の受勲経験も持つ謎の実業家。何モノかは、西原さんによるウェブ漫画『青山浩と西原理恵子の太腕繁盛記』(https://www.hinabe.net/saibara/)に詳しい。
中国火鍋専門店 | 小肥羊(しゃおふぇいやん)
http://www.hinabe.net/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!