2020年 8月 11日 (火)

芸能人の不祥事 宮藤官九郎さんは「日本の顔」として他人事ではない

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   週刊文春(2月13日号)の「いま なんつった?」で、宮藤官九郎さんが芸能人の不祥事について、自らに引き寄せて書いている。実感がこもったコラムである。

「今に始まった事じゃないけど、俳優が不祥事を起こすと『出演ドラマは予定通り放送か』とか『CMは放送自粛か』とかネットニュースが先回りして騒ぎ始めます」

   宮藤脚本による昨年の大河ドラマ「いだてん」でも、そんなことがあった。

「後追い記事がバンバン出ると、いつの間にかそれが世論となり、正論のような気がしてくる。降板、謹慎という明確なオチを期待し、それを見届け、やっと留飲を下げる目に見えぬ人々。その中に自分も含まれていると思うとゾッとしますね」

   上記の「その中に自分も」とは、ターゲットになる芸能人の中に、という意味だろう。

   実は宮藤さんも、1年以上前からシーバスリーガルの広告に起用されている。スコッチウイスキーの世界的ブランドだから、いわば「日本での顔」である。

「六本木あたりにデカい看板が出てたり、迂闊に地下鉄に乗ったら車内じゅうの中吊りが俺の顔だったりする。有り難いけど、正直落ち着かない」

   有名人のスキャンダルがあれば「イメージを重んじるコマーシャルは特に迅速な対応を求められます」とみる筆者。ここで、自らを戒めるべく「自分は何をやらかしたら日本の顔から引きずり下ろされるのだろう」と、シミュレーションに入る。

  • 宮藤さんも、1年以上前からシーバスリーガルの広告に起用されている
    宮藤さんも、1年以上前からシーバスリーガルの広告に起用されている
  • 宮藤さんも、1年以上前からシーバスリーガルの広告に起用されている

酒がらみの失敗は致命傷

   「飲酒運転は一発アウト...不倫は微妙だ。いや、ダメなんだけど、危険な男にはウィスキーが似合うもの。ホテルのバーでロックグラスを傾けながらそっと美女にルームキー渡したりしてみたい...しかしお酒の力を借りた不倫となると、家庭にもシーバスリーガルにも迷惑がかかる」。ぬぬぬ、こうなるとシミュレーションというより妄想に近い。

「酔って暴れるなんてもってのほかですよ。脱ぐのもダメ。未成年者にお酒を勧めるとか絶対ダメ。かと言って禁酒、断酒もそれはそれでダメ。『僕は体調を崩して飲んでいないけど、シーバスリーガル美味しいらしいですよ』なんてCM見たことない」

   すなわち「日本の顔」のあるべき飲酒生活とは、おいしく飲めるだけの健康体を保ちつつ、深酒は控える。酔って羽目を外すこともない。休肝日を設けながら、奥さんや成人した仲間と適量を楽しくやり、終電までに帰る...だいたい、そういうことになる。

「実際その通りなんだけど、なんか、つまんない男みたいだなぁ」

   先ごろ韓国料理屋に入ったクドカンさん。メニューにシーバスを見つけ、迷わずハイボールを注文した。「顔」としては条件反射である。すると「肝っ玉オモニという風情のおかみさん」が奥から出てきて、興奮気味にこう言ったそうだ。

〈いつかアナタが来ると思って入れたのよ〉

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!