2020年 10月 31日 (土)

WHO「日本は最大の懸念国」 新型コロナで日本人入国禁止にする国続々

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   WHO(世界保健機関)は2020年3月2日の会見で、新型コロナウイルスの感染が広がっている日本を、「最も懸念される国」のひとつに挙げた。3月3日にはツイッターに「最大の懸念」というワードがトレンド入りした。

   現在、日本からの渡航制限や、入国後に行動制限などの措置を取る国・地域はどれほどあるか。外務省が20年3月2日に公開した「日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限」をまとめた。

  • 入国禁止、行動制限措置を取る国や地域が続々と
    入国禁止、行動制限措置を取る国や地域が続々と
  • 入国禁止、行動制限措置を取る国や地域が続々と

モンゴル、サウジ、イスラエルは「入国禁止」

   日本を含む、感染者が確認された国などからの入国を禁止しているのは、3月2日時点でモンゴルやイラクなど18か国・地域だ。また、入国・入域はできても、その後の行動を制限しているのは、タイや台湾など35か国・地域にのぼる。

   まず「入国禁止」の措置を取っている国・地域。このうちモンゴルは、20年2月28日から当面の間、過去14日以内に韓国・日本・イタリアに滞在歴のある外国人・無国籍者の入国禁止と、査証申請・発給の停止をしている。

   イラクは、中国・イラン・タイ・韓国・日本・イタリア・シンガポール・バーレーン及びクウェートからの直接または第三国を経由した外国人のイラク入国を当面の間禁止している。

   中央アジア・キルギスは、3月1日から過去20日の間に日本・中国・韓国・イタリア・イランに滞在歴のあるすべての外国人を、一時的に入国禁止の対象としている。

   そのほか、サウジアラビアやイスラエルなども、対象者や期間は異なるが入国を停止する措置を取っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!