2020年 10月 31日 (土)

「トイレットペーパーの在庫は十分にあります」 経産省「山積み段ボール」写真で証明

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   経済産業省は2020年3月4日、公式サイトで製紙会社各社のトイレットペーパーの在庫写真などを公開した。

   「トイレットペーパーの在庫は十分にあります」と、消費者に落ち着いた行動をするよう呼びかけた。

  • 経産省が製紙各社のトイレットペーパーの在庫写真を公開(画像は経産省公式サイトより)
    経産省が製紙各社のトイレットペーパーの在庫写真を公開(画像は経産省公式サイトより)
  • 経産省が製紙各社のトイレットペーパーの在庫写真を公開(画像は経産省公式サイトより)

国民全体の3週間分の在庫、生産も継続

   公開したのはコアレックス信栄(静岡県)、王子ネピア(東京都)、丸富製紙(静岡県)、大王製紙(愛媛県)の製紙4社と、卸売トイレットペーパーの3月4日時点の在庫写真。いずれの写真にも、トイレットペーパーが中身とみられる段ボールが山積みになった様子が写っている。

   経産省は「SNS等においてトイレットペーパーやティッシュペーパーが不足するとの情報が広がっていますが、これらの紙製品は、現在、通常通りの生産・供給を行っています」とインターネット上に流れた「デマ」を否定。

   生産面では「原材料調達についても中国に依存しておらず、製品在庫も十分にありますので、需要を満たす十分な供給量・在庫を確保しています」と説明した。

   またトイレットペーパーの店頭への輸送はメーカー、卸事・小売業者の協力を得て、一日あたりの輸送量を通常の2000万ロールから4000万ロールに倍増。これは330万世帯に12ロール1パック(4人家族3週間分)ずつ供給できる量だという。在庫も国民全体の3週間分にあたる3億5000万ロールを抱え、生産も継続しているとした。

   経産省は消費者に向けて、

「直近で購入いただけた方や、まだご家庭内に在庫が残っている方が、少しの間だけ購入を控えていただくなど、落ち着いた行動をお願いいたします」

   と呼びかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!