2020年 10月 26日 (月)

「マスク限定ライブ」模索したV系バンドの葛藤 開催に立ちはだかる新型コロナ

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   新型コロナウイルスの影響で、音楽イベントが軒並み中止となっている。

   そんな中、ファンの安全確保を掲げ「マスク限定ライブ」の開催を模索したロックバンドがいた。バンドの中心人物に思いを聞いた。

  • 一時「マスク限定ライブ」の開催を発表した「VAMPIRE ROSE」(画像はローズ伯爵さん提供)
    一時「マスク限定ライブ」の開催を発表した「VAMPIRE ROSE」(画像はローズ伯爵さん提供)
  • 一時「マスク限定ライブ」の開催を発表した「VAMPIRE ROSE」(画像はローズ伯爵さん提供)

3月9日「無料ライブ」を企画するも...

   ヴィジュアル系ロックバンド「VAMPIRE ROSE(ヴァンパイア・ローズ)」は20年3月9日、東京・渋谷のライブハウスで「ファン感謝祭」と銘打った無料ライブを開催する予定だった。バンドの中心人物「ローズ伯爵」さんは「無料でワンマンというのが初めてでした」と語る。

   20年2月下旬、新型コロナウイルスの感染拡大による政府からの「自粛要請」を受け、国内の大規模な音楽ライブは続々と中止に。だがローズ伯爵さんによると、「周りにいる100〜200人規模のライブハウスで活動するバンドは、衛生面を徹底した上で開催するケースが多かった」。VAMPIRE ROSEも、ライブの実施を予定していた。

   ただ、人が集まる場所なので対策が必要になる。そこで考え出したのが「マスク限定GIG」だった。来場客にマスク着用を義務付け、持参できない人にはマスクを配布。会場内はトイレや扉、階段の手すりなど至るところを消毒し、体調不良の客には不参加を呼びかけた。

   極め付けは、「メンバーもマスクをつけて演奏する」だ。

「ファン、スタッフ、メンバー含め、完全にマスクをしている人しかいない、という空間を作りたかった」

   バンドは安全対策とエンターテインメント性を両立したライブの開催を模索していた。

「ハコ(会場)はキャパシティーが200人で、電車一両が満員になった状態よりも少ない。満員電車が普通に動いてるなら、ライブをやってもいいんじゃないかと考えていました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!