2021年 3月 1日 (月)

「新型コロナじゃない、花粉症です」 マスク姿でゴホゴホ、誤解とくには「バッジ」を

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

商品化のきっかけは「山手線のトラブル動画」

   沼田市観光協会の担当者に取材すると、商品化のきっかけは20年3月はじめにテレビなどが報じた「山手線でのトラブル動画」だったという。動画の内容は、マスクをしている女性の乗客がせきをしたことに対し、男性が「うるさい」と注意。それを見ていた他の乗客と男性との間でけんかが起きたというものだ。

   担当者は、

「マスクをした状態でせきをすると『あの人は新型コロナウイルスかな』と疑心暗鬼になってしまう人がいます。でも、実際には花粉症やぜんそく、予防のためにつけている場合もある。そういうときにこのようなバッジがあった方が和むかなと思い、作りました」

と語る。

   バッジの着け方については、

「バッグなどに着けていただければ、周囲に症状を知らせることができます。他のお客さんもそれを見て『ああそうなんだ』と、ほっこりした気持ちになるのではないでしょうか」

とした。

   20年3月7日に発売してから「ぼちぼちと売れている」状況だという。なお「変装でござる」のバッジは、担当者いわく「遊びで作った」とのことだ。

   価格はいずれも1個300円(税込み)。通販で販売していない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!