2020年 9月 28日 (月)

外に遊びに行けない子に VRでアドベンチャーワールドの動物と「触れ合い」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   和歌山県白浜町の動物園「アドベンチャーワールド」は、IT企業のジョリーグッド(本社:東京)と共同開発したVR(仮想現実)コンテンツ「VR動物園」を、障害者支援施設で過ごす子どもたちに向け期間限定で無償提供する。

   新型コロナウイルスの影響で外に遊びに行けない子どもたちのストレスを、VRテクノロジーで解消しようとする取り組みだ。

  • アドベンチャーワールドの動物が見られる「VR動物園」
    アドベンチャーワールドの動物が見られる「VR動物園」
  • アドベンチャーワールドの動物が見られる「VR動物園」
    アドベンチャーワールドの動物が見られる「VR動物園」
  • 発達障害者支援VRプログラム「emou」で配信
    発達障害者支援VRプログラム「emou」で配信
  • アドベンチャーワールドの動物が見られる「VR動物園」
  • アドベンチャーワールドの動物が見られる「VR動物園」
  • 発達障害者支援VRプログラム「emou」で配信

イルカやジャイアントパンダが間近に

   VR動物園は、アドベンチャーワールドにいるイルカやペンギン、ジャイアントパンダなど動物たちの映像を、VRゴーグル越しに見られるコンテンツ。ジョリーグッドの発達障害者支援VRプログラム「emou(エモウ)」の中で配信し、本来飼育スタッフやトレーナーでなければ体験できないような至近距離で動物たちとの「触れ合い」を楽しめる。

   「emou」を導入していない施設以外には、VRゴーグル1台を無料でレンタルする。レンタル期間は20年3月10日~4月30日。申し込みの締め切り日は20年3月31日。

   ジョリーグッドはVRゴーグル使用の際に、目元用衛生マスクの装着と、手指の消毒をすることを推奨している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!