2020年 12月 1日 (火)

戦後日本国民がかかえた「ねじれ」 考察は令和に引き継がれた

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

■『荒れ野の六十年―東アジア世界の歴史地政学』(著・與那覇潤 勉誠出版)
■『完本 太宰と井伏 ふたつの戦後』(著・加藤典洋 講談社)

trend_20200311161959.jpg

   新型コロナウィルス感染症の流行で、陰に隠れてしまったが、3.11の東日本大震災から9年目の春となった。昨年3月のこのコラムで紹介したが、3.11後、「残念ながら原発の是非と放射線リスク判断を軸とした分断線があらわになり、その分断線の両側の陣営でいがみあうような社会に進んでしまった」(五十嵐泰正著 「原発事故と『食』」より)。

   そして、歴史の分野では、「すべては、無駄であった。・・東アジアで共有できる歴史観を持つ、という、ポスト冷戦期に多くの学者たちが模索した理想は、敗れたのである」(「まえがきー廃墟に棲(す)む人のために」より)という絶望的な語りからはじまる與那覇潤著「荒れ野の六十年―東アジア世界の歴史地理学」(勉誠出版)が今年はじめに世に問われた。

東アジアでの戦後和解への願いこめたか

   與那覇氏の前著「歴史がおわるまえに」は、昨年10月のこのコラムで取り上げた。評者が最も注目している論者の1人である。

   本書の帯には、「しかし、なぜ共有したいのだろう。やり過ごしあうだけではどうしていけないのだろう。そうした欲求は、日清戦争の開戦から朝鮮戦争の休戦までの『荒れ野の六十年』が残した近代の爪痕にすぎなかったのではないか。この地域が抱える絶望的な摩擦の根源へ、古典と最新の研究の双方を対照させて迫った先に見えてくる、あたらしい共存の地平とは」とある。それぞれの論考をいまの與那覇氏が丁寧に振り返った「あとがき―収録作品解題」を、それぞれの論文を読んだあとで参照することを是非お勧めする。

   本文は、3部から構成されていて、「西洋化のとまった世界で―同時代への提言」、「歴史のよみがえりのためにー古典にさがす普遍」、「もういちどの共生をめざして―植民地に耳をすます」と題されている。

   與那覇氏は、第3部におさめられている、本の題名と同じ題名の論文「荒れ野の六十年」(2013年6月初出)を、「あとがき―収録作品解題」において、「私が大学教員として残した中で、もっとも優れた論文である」という。

   副題は、「植民地統治の思想とアイデンティティ再定義の様相」で、東アジアで受容されるような普遍的な統治の思想を持てなかったことを幅広い文献を読み込んで編んだものだ。「植民地支配を『批判』したり『抵抗』したりした、『良心的』な何人かの思想をつないでこと足れりとする安直なポストコロニアリズムではなく、日本が帝国であった(-あえて言えば、あらざるを得なかった)ひとつの時代の構造を、全体像として描ききることを目標とした」のだという。

   「荒れ野の〇〇年」という題は、ドイツのワイツゼッカー大統領(当時)の、ドイツ敗戦40年にあたる1985年5月8日に連邦議会で行われた演説(「荒れ野の四十年」)を連想させる。この演説は、「若い人たちにお願いしたい.敵対するのではなく,たがいに手をとり合って生きていくことを学んでほしい.われわれ政治家にそのことを肝に銘じさせてくれる諸君であってほしい」という、対立を超え,寛容を求め,歴史に学ぶことを訴えたものとされる。與那覇氏は、単純にドイツの非を認めただけでないこの演説の意義を踏まえつつ、東アジアでの戦後和解への願いをこめて論文を執筆していたと思う。

   また、評者としては、東洋史の碩学・内藤湖南や、我々の世代においては「網野史学」とまで評され一世を風靡した日本史の網野善彦についての内在的な理解に立つ珠玉の論文にも啓発された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!