2020年 12月 4日 (金)

新型コロナ対策で「無料通勤バス」 満員電車で飛沫、接触の感染リスク回避に

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

運賃は浮くけど所要時間は...

   新型コロナウイルス対策として運行するバスだが、ふだんの電車通勤と比べるとどれだけ便利なのか。

   通常、東村山駅から西武新宿線を使って終点の西武新宿駅まで行けば、運賃は350円。地下鉄やJR線に乗り換えて東京駅に行く場合は、最低でも510円かかる。無料のバスを継続して利用すれば、通勤費の節約にはなるのは間違いない。

   一方で、所要時間の長さはネックとなる。バスで1時間30分~1時間45分程度かかる東村山駅~新宿駅間は、西武新宿線(東村山駅→西武新宿駅)を使えば40分前後で到着(時刻表通りの場合)。また東村山駅~東京駅間はバスだと2時間かかるが、電車を乗り継げば1時間程度で済む。

   混み具合はどうか。国土交通省が2019年7月に発表した「東京圏における主要区間の混雑率(2018年度版)」によれば、朝に都心方面へ向かう西武新宿線のうち、最も混んでいる時間帯の混雑率は159%(調査区間は下落合駅→高田馬場駅)。東村山駅から東京駅まで行く際に便利なJR中央線快速の混雑率は182%だ(調査区間は中野駅→新宿駅)。

   国土交通省によれば、座席に着くか、つり革・ドア付近の柱に掴まることができる「定員乗車」を混雑率100%とした場合、150%は「広げて楽に新聞を読める」、180%が「折りたたむなど無理をすれば新聞を読める」程度。

   事前予約制で、かつ2シート分を1人で利用できるバスは、こうした通勤電車の混雑を避け、新型コロナウイルスの感染リスクを下げる点ではメリットがありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!