2020年 6月 1日 (月)

台湾の天才IT相「使用済みマスク」再利用法を説明 ツイッターで自ら「電鍋で消毒」

印刷

   新型コロナウイルス感染拡大に伴い、多くの関心を集めている「マスクの再利用」問題。台湾のデジタル担当大臣・唐鳳(オードリー・タン)氏は2020年4月2日、台湾では一般的な調理家電の「電鍋」を使って「乾蒸し(からむし)」する方法をツイッターで提案した。わざわざ日本語で説明している。

   ツイートによると「破損・汚れがなく、室外または感染リスクの低い場所で使用されたサージカルマスク」を再利用可能にする。

  • 台湾のデジタル担当大臣・唐鳳氏(画像は唐鳳氏のツイッターのスクリーンショット)
    台湾のデジタル担当大臣・唐鳳氏(画像は唐鳳氏のツイッターのスクリーンショット)
  • 「電鍋」の蓋を開け、マスクを平たく広げて内鍋に入れる
    「電鍋」の蓋を開け、マスクを平たく広げて内鍋に入れる
  • 水を入れずに電鍋のスイッチを押し、8分待ってから取り出して冷やすと再利用可能に
    水を入れずに電鍋のスイッチを押し、8分待ってから取り出して冷やすと再利用可能に
  • 台湾のデジタル担当大臣・唐鳳氏(画像は唐鳳氏のツイッターのスクリーンショット)
  • 「電鍋」の蓋を開け、マスクを平たく広げて内鍋に入れる
  • 水を入れずに電鍋のスイッチを押し、8分待ってから取り出して冷やすと再利用可能に

台湾「食薬署」が実際に検証

   タン氏は動画で、(1)「電鍋」の蓋を開け、(2)マスクを平たく広げて内鍋に入れ、(3)水を入れずにスイッチを押し、(4)8分待ってから取り出して冷やす、と手順を説明。ツイートには「3~5回が限界」とある。

   台湾の国営通信社「中央社」の3月25日付け記事が、この方法を裏付けている。これによると、台湾の衛生福利部食品薬物管理署(食薬署)が同日、「電鍋を使って水なしで加熱すれば、サージカルマスクを除菌することができ、再利用が可能になる」と発表している。ただし、「室外あるいは感染リスクの低い場所でサージカルマスクをし、破損や汚れのない場合」という条件つきだ。また「アルコール消毒スプレーなど液体のものを使ってしまったら、サージカルマスクの濾過機能が低下する恐れがある」と注意している。

   なお、消毒効果は加熱回数によって徐々に低下するため、「3~5回以降は取り替える必要がある」。食薬署が行った実験結果は以下の通りだ。

「この方法で3~5回消毒したサージカルマスクの細菌濾過率(BFE)はあまり変わらず、99%以上を維持していることが分かった。また、微粒子ろ過率(PFE)は1.3%~14.2%下がり、効果が加熱回数によって徐々に低下する」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!