2020年 10月 31日 (土)

「アマビエ」上生菓子で新型コロナ退散! 岐阜の和菓子店考案、カラフルでかわいい

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   新型コロナウイルスが猛威を振るう今、江戸時代後期に出現したという妖怪「アマビエ」に注目が集まっている。海中から現れ、豊作や疫病などを予言し「疫病が流行したら、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と告げて海の中へ帰っていったという伝承があるからだ。

   アマビエをモチーフにした色鮮やかな上生菓子まで登場し、ツイッターで「かわいい」「ご利益ありそう」と話題だ。

  • 上生菓子「アマビエ」(画像は金蝶園総本家の提供)
    上生菓子「アマビエ」(画像は金蝶園総本家の提供)
  • 青と紫は海をイメージしたという(画像は金蝶園総本家の提供)
    青と紫は海をイメージしたという(画像は金蝶園総本家の提供)
  • 上生菓子「アマビエ」(画像は金蝶園総本家の提供)
  • 青と紫は海をイメージしたという(画像は金蝶園総本家の提供)

爽やかな見た目は「海」をイメージ

   アマビエの上生菓子は、岐阜県にある和菓子屋「金蝶園総本家」が県内4店舗で、2020年4月2日から販売している。

   「金蝶園総本家」を展開する金蝶製菓合資会社の代表取締役・北野英樹さんに取材すると、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、テレビ番組で「アマビエ」の存在を知ったという。世の中の不安が高まる状況で、和菓子屋としてできることはないか、と考え疫病退散のご利益があると言われてきたアマビエをモチーフに作った。

   北野さんによると、上生菓子は季節の花や行事などをイメージし、菓子として表現する。その中で、生菓子の鮮度を保ちながら一つずつ手作りするには技術が必要だ。あまりに手をかけすぎると鮮度が落ちるため、職人技で仕上げねばならない。アマビエも同様で、さらに上品で可愛らしい見た目になるようこだわった。中身はこしあんで、青色、紫と色鮮やかで爽やかな見た目は「海」をイメージしたとのこと。

   価格は1つ390円(税抜)。同店で販売されている他の上生菓子と比べて1・5倍の値段だ。

「その分、他の上生菓子よりもサイズは少し大きめで、手間をかけて作っています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!