2020年 6月 7日 (日)

「マスク詐欺」Amazonマーケットプレイスで 「カネだけ取られて届かない」怒る被害者

印刷

   「Amazonでマスクを注文したのに、いつまで経っても手元に届かない」。こうした「マスク詐欺」を嘆く声がツイッターで多い。新型コロナウイルス感染拡大の影響でマスクの品薄状態が続く昨今、なんとも悪質だ。

   J-CASTトレンドは2020年4月10日、通販サイト「Amazon(アマゾン)マーケットプレイス」でマスクを注文し、実際に詐欺被害に遭った男性に取材した。

  • Amazonで相次ぐ「マスク詐欺」
    Amazonで相次ぐ「マスク詐欺」
  • Amazonで相次ぐ「マスク詐欺」

3月26日に「発送済み」、4月10日も届かず

   男性は3月25日、「Amazonマーケットプレイス」の出品者から、50枚入り2900円のマスクを注文した。Amazonマーケットプレイスには、個人や企業など「第三者」も商品を出品できる。この男性の発注先も、Amazonではなく第三者だ。

   3月26日に「発送済み」となり、4月6日に到着予定だったが届かず、さらにその後4月9日に変更になった。しかし4月10日になっても届かず、クレジットで購入金額が引き落とされたため、「Amazonマーケットプレイス保証」による返金を申請した。出品者に対してメッセージを何度か送ったが、返事はなかったという。

「注文時点で『詐欺かもしれない』という思いはありましたが、楽天市場を利用して他の出品者からマスクを購入した際はきちんと届いたため、大丈夫だろうと考え、注文しました。SNSでマスク詐欺は見ていたので、驚きはさほど大きくはありませんでした」

   男性はこう明かす。返金については、配達予定日が4月6日だった時点では応じてもらえず、Amazonから「あと3日待てば(返金)保証します」と案内された。そこで4月10日にAmazonにチャットで問い合わせをし、その場で返金手続きをしてもらった。取材時点では「正式にはカード会社からの請求の手紙が来ないとわからないが、Amazonからは『返金が完了しました』とメールが届きました」とのことだった。

消費生活センター「まずは出品者に連絡を」

   こうしたマスク詐欺被害の相談が、行政機関に寄せられている。

   神奈川県のかながわ中央消費生活センターに取材すると、「『マスクを注文したのに届かない』という相談が3、4月に数件寄せられている」との答えがあった。このような場合、同センターではまず「マスクの出品者」に連絡を取るよう勧める。出品者から返答が得られなかった場合は、通販サイトのカスタマーセンターに問い合わせるようアドバイスしている。

(2020年4月23日17時10分追記)4月23日、取材した男性から編集部に「Amazonからの返金を確認いたしました」と連絡が入った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!