2021年 7月 29日 (木)

岩手県一関市「手作りマスク」買い取り 市民へ無料配布「感染予防の意識高めて」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   岩手県一関市は、市民が手作りしたマスクを市が買い取り、それを市民に無料配布する「みんなのマスクプロジェクト」を実施している。

   新型コロナウイルスの感染拡大によってマスクが入手困難な状況にあるための措置。J-CASTトレンドは一関市に、この取り組みについて取材した。

  • 岩手県一関市で市民に手作りマスクを無料配布(画像はイメージ)
    岩手県一関市で市民に手作りマスクを無料配布(画像はイメージ)
  • 岩手県一関市で市民に手作りマスクを無料配布(画像はイメージ)

150枚以上持ち込んだ人も

   マスクの買い取りは、2020年4月7日から始まった。作ったマスクを一関保健センターの健康づくり課、または市内に7か所ある各支所の保健福祉課へ持ち込むと1枚150円(税込)で買い取ってもらえる。手作りマスクの仕様は一関市の公式サイトに掲載されており、9(縦)×17(横)センチ程度の大きさで4段折りのプリーツタイプ、大人用を想定している。未使用のガーゼ、手拭いなどの綿素材を2枚以上重ね、耳に掛ける部分はゴムでもヒモでもよく、色と柄は問わない。

   取材にこたえた一関保健センター健康づくり課の担当者によると、4月の上旬、市対策委員会でマスク不足の話題が挙がった際に「何かできることはないか」と話し合い、プロジェクトがスタートした。

「マスク不足の解消が目的ではありませんが、あくまで市民の皆様の『咳エチケットの補助』になればと考え、始めました」

   手作りで布製ということもあり、ウイルスをしっかり予防する効果はないが、手作りマスクの使用を通じて感染予防への意識を高めてもらいたいと話す。

   市では20年4月13日までに48件、767枚ほどのマスクを買い取った。持ち込むのは女性が多く、年代は幅広い。多い人ではひとりで150枚以上持ち込んだそうだ。買い取り対象となるのは大人用のマスクのみだが、中には「寄付」として子ども用の手作りマスクを持ち込んだ人もいたとのこと。

合計500枚配布はあっという間に終了

   マスクの無料配布は20年4月13日からスタートした。対象は一関市民で、受け取り時に氏名と住所を記入してもらい、本人確認する。

   初日は配布する8つの会場全体で200枚、一関保健センターでは100枚を用意した。同センターには、配布開始となる朝10時前に外には列ができ、1人2枚まで受け取り可能で予定枚数はすぐに終了した。中には受け取れなかった人もいたという。翌14日は合計500枚ほどを各支所で配布したが、この日も列ができてあっという間に配り終えたと担当者は明かした。

   4月24日まで買い取りを続け、集まった分だけ配布していく予定とのこと。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!