2020年 10月 26日 (月)

志賀廣太郎「誤嚥性肺炎」で死去 年間4万人の命奪う、恐ろしさ新型コロナ並み

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   俳優の志賀廣太郎さんが2020年4月20日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため71歳で亡くなった。所属事務所が4月30日、公式サイトで発表した。

   昨今は新型コロナウイルス感染症「COVID-19」に注目が集まっているが、誤嚥性肺炎も、特に高齢者には恐ろしい病気だ。厚生労働省の2018(平成30)年「人口動態統計月報年計(概数)」によると、誤嚥性肺炎が原因による同年の死亡者数は3万8462人とある。

  • 画像は志賀廣太郎さん所属事務所の公式サイトのスクリーンショット
    画像は志賀廣太郎さん所属事務所の公式サイトのスクリーンショット
  • 画像は志賀廣太郎さん所属事務所の公式サイトのスクリーンショット

肺炎の典型的な症状がない

   日本呼吸器学会の公式サイトによると、誤嚥性肺炎の特徴は「発熱、咳、膿のような痰」といった肺炎の典型的な症状がなく、なんとなく元気がない、食欲がない、のどがゴロゴロとなる、との症状のみがみられることが多い。嚥下(えんげ)機能障害のために唾液や食べ物、あるいは胃液などと一緒に、細菌を気道に誤って吸引してしまい発症する。

   誤嚥予防について、長寿科学振興財団が運営しているウェブサイト「健康長寿ネット」には「食事形態」が重要とある。一般的にはペースト状やゼリー状、ムース状が飲み込みやすい。歯が悪くて十分に噛めなくてもそのまま飲みこめるし、口の中に食べ物が散らばらず1つの塊にまとまるからだ。

   食後は、すぐに横にならない。できれば食後2時間は座位を保つのがよいが、寝たきりの場合は可能なら30度ほど頭を上げておくようにする。さらに誤嚥してしまっても肺炎になりにくいよう、ブラッシングなどで口腔ケアをして細菌を減らしておくことも大切だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!