2020年 7月 7日 (火)

志村けんの朝ドラ「エール」演技に万感 「あさイチ」近江アナ涙、再放送直後には...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2020年5月1日放送の連続テレビ小説「エール」(NHK総合)に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で3月29日に亡くなった志村けんさんの出演シーンがあった。放送を見ていた様子の同局のアナウンサーたちも、志村さんの演技にグッとくるものがあったようだ。

  • 連続テレビ小説「エール」に出演した志村けんさん
    連続テレビ小説「エール」に出演した志村けんさん
  • 連続テレビ小説「エール」に出演した志村けんさん

「感慨深い表情」「うっすら潤んでますか」

   志村さんは西洋音楽の作曲家・小山田耕三役として、放送最後のシーンに約1分間出演した。メガネをかけ、ひげを生やした小山田は、普段の明るくにこやかな志村さんとは雰囲気が違っていた。窪田正孝さん演じる主人公・古山裕一に関する新聞記事を見て、「本物かまがい物か、楽しみだね」と低い声で呟き、いかにも大物の風格が漂う渋い演技を披露した。

   志村さんのシーンで放送が終わると、そのまま情報番組「あさイチ」(NHK総合)がスタート。そこで、ドラマを見ていたと思われる近江友里恵アナウンサーが泣きながら登場した。スタジオには近江アナしかおらず、「誰かと思いをシェアしたいのにひとりぼっちでさみしい」と涙をぬぐいながらリモートで出演する博多華丸・大吉の2人に話しかけた。

   昼12時45分からは再放送。終了直後、13時のニュースに切り替わると、直前の映像を見ていた様子の三條雅幸アナウンサーは、一瞬噛みしめるような表情を浮かべた。

   ツイッターにも、「三條アナも感慨深い表情」「うなずく三條アナ」「三條アナもうっすら潤んでますか...?」といった書き込みが。志村さんに心を揺さぶられたのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!